「ほっ」と。キャンペーン

走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:くるまネタ( 6 )

さらば

f0007802_7293675.jpg
15年近く乗ったレグナムを手放しました。
自分で買ったのにあまり気に入らず、愛着を持たなかったので、扱いもぞんざいでした。
モノはもっと大切に扱わねば。
次にクルマを買うときは、もっと大切にしよう。
[PR]
by gggggen3 | 2013-09-01 21:30 | くるまネタ

初の金

昨日、免許を更新しました。
今回はゴールド免許でした。
f0007802_1115578.jpg
僕はゴールド免許の制度が出来る前に16年間無事故無違反でしたが、制度が出来た直後に駐車違反、その後スピード違反がありましてゴールド免許の皆伝はないまま、前回は有効期限だけ5年に伸びたもののゴールドではないブルーの免許でした、これみたいな。
f0007802_11155990.jpg
やっとゴールドになって有難い限りですが、次はシルバーにされるのでしょうか。
[PR]
by gggggen3 | 2013-07-12 11:06 | くるまネタ

66に因んで、その②

僕はその昔、ルート66をGreyhoundで旅してるンだな。
その昔ってのは50年以上も前のこと。
あまり過去を振り返ることのない僕ですが、たまにはこんなのもいいか。

[PR]
by gggggen3 | 2012-07-23 21:39 | くるまネタ

9000型

今日は最後の休業日...
昼過ぎから「和楽の郷」へ行って薬湯に入って、それから大塚駅前にある最近行きつけの床屋さん「なかさと」へ行ったのですが、待ってるお客さんが大勢いたので、日を改めることにして外に出たら、なんと新型の都電9000型が走ってきました。

f0007802_1245525.jpg速攻でガード下の停留場に回りこんで写真撮影。
こいつは最新式なのですがデザインは昭和初期の市電をイメージしたレトロ車両。
たった1両だけ製作されて5月27日から運行しています。
最近では都電を見る機会が少なくて、5月27日以降に都電を見たのは2回目か3回目。こいつに出くわすチャンスがこんなに早く巡ってくるとは驚きです。

f0007802_1342697.jpg因みに、こちらがふつ~に走っている7000型。
今から30数年前の学生時代、家から大学まではこの都電荒川線1本で通学できたので、この車両には毎日お世話になりました。
さらに遡って僕が小学校、中学校の頃、東京のメインストリートは都電の網の目になっていました。
僕らの頭の中の東京の地図は、都電の路線図と重なり合っていて、「20番の通り」(今で言う不忍通り)、「16番の通り」(春日通り)などと呼んでいました。
路面電車はエコロジー的に優れているので、モータリゼーションの波に押されて廃止してしまったのは勿体なかったと思います。
唯一残っているこの都電荒川線は路面電車ではなく、線路の敷地が独自となっています。飛鳥山から王子までの短い区間だけは道路の上を走る路面電車ですが。
[PR]
by gggggen3 | 2007-06-28 23:56 | くるまネタ

まっさらの新車

f0007802_512931.jpg今回の白馬行きは新パン吉号に便乗させていただきました。
なんとこのクルマ、納品は4月6日午後7時。
そのわずか5時間以内に都内某所で拾ってもらいました。
さらにクロちゃんも途中乗車。助手席に鎮座まします奥様を含め4人旅。
f0007802_572415.jpg中央道に乗る前に、まずは初の給油です。

それがなんと・・・
f0007802_591135.jpg80リットルも入ってしまって料金は=ツェー万を超えました。
ガソリン代が5桁なんて初体験。
まぁ「まとめ買い」しただけなんで割高ってワケじゃぁありませんが。

ま、そんなこたぁどうでもよくって、途中、クロちゃんもボクも運転させていただきました。
さすがに「Freude am Fahren」が謳い文句の走り屋専用車X-5です。
車高が高いのに吸い付くような安定感、切れ味の鋭さ。
資金があるんだったら、クルマに大枚を投じるのも悪くありませんなぁ。
[PR]
by gggggen3 | 2007-04-07 04:37 | くるまネタ

20時00分09秒

スキーの後、苗場の「本陣」という宿にある「峠の湯」の露天風呂でまったり。
ロビーにある休憩所には無料のお茶のサービスなんかもあって、そこでしばし歓談。
ふと時計を見たら7時15分。

そうだ、今すぐに出発すれば8時には月夜野で関越道に乗ることができる。
ETCで8時前に高速に入ると「通勤割引」で100キロ以内が半額になります。
まあ、45分もあれば十分に間に合うだろうってことで出発。

三国トンネルを抜け、途中で野生のサルなんぞと遭遇しつつ、快適につづれ折りの坂を下っていたら、山道を抜け切る前に「あれ渋滞?」と一瞬疑うほどの車の列が前方に。
スローペースの大型トラックがいて、それに妨げられた一般の車がゾロゾロと同じペースでつづいていたのでした。
この道は追い越しが出来るところが全くないので、トラックが途中で脇に寄って道を譲ってくれない限り、スローペースのままついて行くしかありません。
いやぁ、これで8時前に高速に乗るのは無理だなぁ、もうちょい早く出発すればよかったと悔やんだのでした。
しかし、この長蛇の車列、猿ヶ京の手前あたりからカーブが少なくなるにつれ徐々にペースが上がり始めました。

残り20キロを平均時速51キロで走らなくては間に合わないので、無理と思われていたのが、残り15キロの地点まで来たところで平均時速42キロで行ければなんとか間に合うまでになり、希望が湧いてきました。
信号待ちなんぞがあるので、平均42キロで走るためには時速55キロで巡航しなければなりませんが、ペースはちょうどそんなもん。

ドキドキハラハラしながら同じペースで残り10キロ、5キロと進み、あと2キロという地点で8時3分前。時速40キロなら間に合う。行ける。
高速のランプに入ったところで7時59分17秒...あと43秒でゲートをくぐればOK。
ハンドルを握るパンさんの横で、僕はカウントダウンを始めました(ケータイの時計は電波時計なので正確)、30秒前、29、28...
と、ところがゲートが遠い。それにトラックとはもう離れて車列はバラけてしまっているのに、前の車がトロトロしている。
10秒前、9、8、7、6、5...んん、届かない。カーラジオの時報が鳴ったときはゲートの直前。ゲート通過は8時00分09秒!ああ、ダメだった。

いやぁ、悔しい。残念。
でも、もしかしたら20時までに乗ること、ってのが時報とともに締め切っているワケではなくて多少の誤差を見込んで9秒遅れならセーフだったかも知れない。それに期待をつないだ僕たちなのでした。

赤城高原S.A.でいったん停車して、後続のあずさん号(じゅんくんの居酒屋ナマズ)、寺内号の面々とこっから先の行動を打ち合わせ。
寺内号の3人は晩飯ヌキで直行、湘南ナマズの3人は途中で食事をして東松山で高速を降りるってことだったので、ここで寺内号とはお別れ。
パンさんと僕は、せめて練馬から100キロ以内のことろは「早朝通勤割引」を使うってことで前橋で一度高速を降りてまた乗って、途中でメシ喰って10時過ぎに練馬を出るという計画。
なわけで、ナマズの3人と僕ら2人は上里S.A.で再会して一緒にお食事を、ということにしました。
前橋でいったん降りることによって、20時00分09秒がセーフだったかアウトだったかも判明する。その結果がOKであれば、ナマズ号の月夜野-東松山も半額になるのだ。

ってなわけで、向かうは上里。
渋川を過ぎてしばらくすると「駒寄P.A.にETC専用出口あり」との標識を発見。
これは前日走った下り線にも同じものがあって、そこで出て入ればいいのではないかって話をしたのだけれど「出口と言うのだから出るだけでしょう」というパンさん。
「出るからには入ることも出来るはず」と思って赤城高原であずさんに尋ねたところ、「出口を出ると入り口があって入り直すことは出来るけど20時で閉まるところなど場所によってまちまちなんで利用できるかどうかは判らない」とのコタエ。

ともかく、どんななっているのか見るだけでも見ておこうということで駒寄P.A.に入ってみるとETC専用出口は営業中、入り口もある。そしてなんと練馬からの距離は99キロ。
ステキに理想的ではありませんか。
出口ゲートをくぐると料金表示は500円、やったぁ半額だ。
間に合っていたのだ。
嬉しかったね、満額だと1000円だからわずか500円違いのことなんだけど。
あずさんたちにとっては、500円どころの話ではない。3800円が1900円になるんだったかな?これはデカイよ。

この朗報をもって、僕らは上里であずさんたちと再会。これでメシも美味くなるってなもんだ。
レストランのウェートレスが出来上がったけいちゃんとあずさんのチャンポンをひっくり返しちゃって作り直しになっちゃったけれど、上機嫌のワレワレはちっとも腹が立たず、お店の側がおわびにと持ってきたコーヒーをかえってラッキーと思ったくらいでした。
コーヒーは料理を待たされた2人のために2杯しか持って来なかったけど、残る野郎3人も喰い終わるのを待つわけだからコーヒーを所望してもよかったかなぁ。

食卓では通勤割引のことなどで話しが盛り上がっていたので、待ち時間などちっとも気になりませんでした。
レストランはロイホなんで、特別に美味いモンが出るわけではないのだけれど、ドキドキハラハラの末の9秒遅れ、それでもセーフという最終的には絵に描いたようなハッピーエンドに酔いしれた僕らにとっては極上のご馳走のようでした。

そして、あずさんたちの湘南ナマズとここでお別れしたのでした。
[PR]
by gggggen3 | 2006-05-21 23:51 | くるまネタ



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新の記事
復調に向けて
at 2016-09-25 21:07
蚕糸の森公園
at 2016-07-18 17:30
朝ランニング7/10
at 2016-07-10 09:23
ちょろっとランニング
at 2016-07-03 23:25
ダッカ
at 2016-07-03 18:27
7月2日
at 2016-07-02 10:18
アフター ファイブサーティー
at 2016-06-30 23:19
ゆるっとテニスなぞ
at 2016-06-27 21:43
ブログ更新
at 2016-06-27 15:58
夏が来る前に
at 2016-06-26 13:06
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism