走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:野暮ネタ( 331 )

仕事

転職して8カ月が経過しました。
学校勤務ってぇことで教育畑で働いていることになるわけだけれど、実際にはどうなんだろうって疑問を感じつつある今日この頃です。
やっていることと言えば、ベトナムから大量の「留学生」を迎え入れる作業。
しかし、ベトナムからの日本留学は日本人が英国に留学するなんてぇのとは全く違って「留学生」という在留資格で日本にやって来て、せっせとアルバイトをして家に仕送りをするという者が多数を占めております。
そんな中、ウチの学校はどうかというと、経営者のアタマの中はもっぱら数を増やすこと。学生数を増やすことが彼女の主要関心事です。
で、事務員は数を多く入れるために多数の入学願書や在留資格認定手続きに精を出さねばならず、まぁ僕の仕事もそっちにウェイトが置かれています。
4月に転職したときには、進学先の大学との提携とか頑張ろうと思ったのですが、それが最近ではなかなか進める時間がありません。
で、自分の仕事は何なのだろうと改めて考えると「人入れ稼業」という感じ。
こんなんでよいのか、と思わざるを得ません。
アルバイトをしに日本にやって来る個々の「学生」が悪いか、というと本人らは別に悪質な人間ではありません。
高卒でスキルのないワーカーだと、ベトナムで就職しても月給は1万円程度。
一方、日本でアルバイトをすれば月に20万円ぐらいは稼げるという「定説」がベトナムで流れています。
この定説には問題があります。
留学生ビザは就労が禁止されており、バイトをするためには入管から「資格外活動許可」を得なければなりませんが、この資格外活動による就労には時間の制限があり、マックス週28時間です。
この制限ギリギリ目一杯働いたところで月に120時間まで。
時給が900円なら約10万円です。
だもんで「定説」の20万はその2倍...制限の2倍働くことになります。
制限を超えて働くのは不法行為ですが、バレなければ罰せられません。
まぁ、僕もスピード違反して高速道路で150キロくらい平気で出しちゃいますから、そんな感覚なのでしょう。
通帳の入金で2カ所以上で働いていないかチェックしようにも銀行口座を振込先別に開いてそれを隠していれば僕らには判りません。
入管も警察も留学生のバイトし過ぎを取り締まるほどのヒマがありません。それよりも優先すべきことがいっぱいですから。
まぁ「通説」どおりに月に20万の収入がある者がどれほどいるのか、簡単に20万円稼げるとは思えませんが、その実態は不明です。
でも、合法的にバイトしてうまくやれば10万は稼げるわけで、そこから学費と生活費を差し引いて2万円残せるとすれば、本国にいるよりも倍の収入となるわけです。
このために、「留学生ビザで来日してアルバイトをして本国に送金する」という活動が「留学」の本来の目的でなく普遍的に行われてるという実情があります。
で、ベトナム側には「留学コンサルタント」なる会社が林立しており、どんどん「学生」を募集しています。
日本側は日本側で「外国人留学生30万人計画」なるものがありまして、留学生数を増やそうとしています。
そしてウチのような学校があり、日本語学校で最長2年勉強した後にはあれこれの専門学校があります。
専門学校の中には「ウェルカム専門学校」とでも言うべき「学費さえ払ってくれれば勉強しなくてよい」ってぇ学校も多々あります。
学生は本国よりはるかに高収入が得られ、日本のお国は留学生を増やそうとしており、そこに利益を見出す学校があり、3者の利害がピッタリと一致しているわけです。
でウチの学校は、というと学生数を増やすことが経営者の主要な関心事なわけで、僕の仕事もそのために働くこと。
ギモンを感じざるを得ません。
つうか、ヤだ、こんな仕事は...というのがホンネです。
まぁ、ヤだからと言ってすぐ辞めるかというと、次の勤め先が決まってないからすぐには辞められません。
じゃぁ、次の勤め先を探しているかというと、それも一生懸命に探しているわけではありません。
ヤだと思いながらも、まぁいっか、という考えも一方であるので、急いで辞めることをしていないわけ。
その理由は、前の職場でも同じですが、実際の仕事の中では学生(前のときは実習生)を相手にしているわけで、彼らはヘルプが必要。そのヘルプをしていること自体は決してヤではない。
もう一つの理由は、これはまだ秘密なんだけれど、もう一校新設する計画があって、開校の準備段階で僕が校長になることで申請をしております。認可されれば、校長ってことになるでしょう。
そうなると、ある程度は教育現場での仕事になるわけで、僕は教育現場は好きなんで、ヤな仕事からヤでない仕事に変る可能性があるってところに一縷の希望があります。
まぁ、どういう展開になるのか予断はできませんが。
そんなこんなで、不満を抱えつつ、今の仕事を続けている次第。
[PR]
by gggggen3 | 2014-12-17 11:33 | 野暮ネタ

ベトナム出張

またまた怒涛のような日々。
今回は僕がスケジュール調整をしたのですがメチャ過密スケジュールになっちまいました。
13日は18時10分成田発。
f0007802_21594093.jpg
台風が迫り横殴りの強風の中での離陸。
揺れると思いきや、そうでもなく平穏なフライト。
f0007802_21594122.jpg

機内のドリンクにkiwiジュースってのがあったのでお試し。
無味。
不味いわけではないけど。
途中、中国の町の夜景がよく見えておりました。
f0007802_21594273.jpg
でハノイには現地時刻の22時近くに到着。
f0007802_21594267.jpg
ホテルにはセップと同室のチェックインをした後に別のホテルに自分のチェックインなぞしたので、すっかり遅くなっちまいました。
旅行代金が安いツアー客としてチケットを買っているので、そんな面倒なことして。
さらに、借り上げているアパートにも行ったりしたので、すげぇ遅くなっちゃいました。
ホテルは快適。
f0007802_21594368.jpg

で、翌日。
f0007802_21594348.jpg
朝はヘルシーに食べ、その後は怒涛の面接。
昼メシを食う暇もなし。
晩メシはマダムなんちゃらという洒落たお店。
f0007802_21594432.jpg
f0007802_21594561.jpg
f0007802_21594563.jpg
f0007802_21594674.jpg
f0007802_21594725.jpg
f0007802_21594727.jpg
そして、2日目はさらにガッツリ仕事。
昼メシも晩メシも食う暇なし。
晩メシがわりに仕事で訪ねたセンターでフォーを用意してくれました。
f0007802_21594887.jpg
仕事が終わったのが9時過ぎだったけど、その後に鍼灸中央病院内のサウナ&マッサージへ。
夜食にソイを買ってホテルの部屋で食べたのでした。
f0007802_2159495.jpg
3日目はやっと昼メシにありつきました。
f0007802_2159492.jpg
そして晩メシも。
f0007802_2159509.jpg
f0007802_21595119.jpg
ヘルシーに食べて、その後は空港へ。
f0007802_21595181.jpg
夜間飛行で帰国。
f0007802_21595210.jpg
いゃあ、慌ただしい出張でしたぁ。
[PR]
by gggggen3 | 2014-10-21 19:07 | 野暮ネタ

残業なぞ

明日が入管への書類提出日なので今日は最後の追い込み。
全部で何人分の在留資格認定申請することになるかな…100人?
これ、1月期生なんだけど、他校が1月期生をあまり取らないところ、ウチはウェルカムなもんでゴッソリと申し込みがありました。
…と、ここまで書いているうちに寝てしまった。
これはこれで、未完のまま掲載しちまおう。
f0007802_7341482.jpg

[PR]
by gggggen3 | 2014-09-24 23:55 | 野暮ネタ

TGIFと思いきや

今日一日の仕事がほぼ終わるころ、やれやれ、これで明日はまったりできるにゃあなどと思っているときに、明日は仕事出られないのかとの問いかけが…。
え、あ、ん、まぁ…はぁ…。
みんな出るんですけど…。
要するに、出て欲しいということらしい。
よかろう、出ましよう。
特に予定はないし、戦力として期待されているのであれば、その期待に応えようではないか。
というわけで、明日は休日出勤と相成りました。
[PR]
by gggggen3 | 2014-09-19 23:59 | 野暮ネタ

楽ちん?

今日のお仕事…午前中は病人対応。
先週、肝臓が悪くなって入院してしまった学生の今後の治療方針についての本人の意思確認やら保険関係の書類の受け渡しなどで大塚病院へ。
f0007802_1333126.jpg
劇症肝炎で転院も必要…かなり深刻です。
午後は入管提出書類の翻訳。
f0007802_1333180.jpg
こいつを訳す、なんて作業もあるわけです。
はいはい、サクサク。
f0007802_1333298.jpg
しかし、なかなか消耗する作業です。
f0007802_1333343.jpg
しかし、見方によっては楽ちんな作業とも思えるかも。
細かい表を日本語に置き換えて行くわけだけど、タイヘンだなぁって思いながらやっておりましたが、途中でふと考えましたが。
いや、待てよ、これってタイヘンであるかより、むしろ楽な作業かも。
そう思うと、楽であるような気もします。
なぁんてことをやってたら終了のお時間に。
いや、楽ちんだろ、これって。
[PR]
by gggggen3 | 2014-09-16 23:53 | 野暮ネタ

裁判所

今朝は川越の家庭裁判所に行ってきました。
f0007802_461676.jpg

f0007802_46166.jpg
さいたま地方裁判所川越支部に地裁と簡裁と家裁があります。
今回は書類送検されたのが未成年なので家裁に。
3月28日に学生が他人様の自転車に乗っているところに警察が職質、横領の罪で送検されたのでした。
学校の寮の駐輪場に施錠してないチャリンコがあったので、乗り出しちゃったわけですが、返すつもりだったから無断借用なんだと思うけど、横領の疑いをかけられてしまいました。
窃盗と見なされるよかマシなのかも知れませんが、無断借用ではないとの警察の判断はどうなんでしょうねぇ。
ま、無断借用も悪いには悪いわけだけど、返すつもりだったのとそうでないのは罪の重さが違うんでねぇか、と僕は思うのですが。
まぁ、不起訴に相当する審理不開始になるとは思うけど、もっと微罪だったんでねえの?
そして、ここに来るのは今回が3回目。
前の2回はTくんという実習生の公判でした。
2010年の6月。
リーマンショックの影響で、3年に満たずに帰国することになったTくん、、送別会の席に現れないのでどうしたかと会社の人達が心配していたところ警察から身柄を拘束しているとの電話。
後で分かったことですが彼女と二人でスーパーに行き、帰国する彼に彼女が自分の姪へのお土産を、ってことでなんと万引き。
もちろんTくんは共犯なわけですが、店を出たところで店員が追ってきて彼女を制したところ、Tくんが割って入って彼女を逃亡させ、自らは警察に捕まったのでした。
大人しく2人揃って捕まっていれば大したお咎めもなかったと思われますが、主犯が逃亡しているという状況で警察はTくんを拘束して捜査を継続、拘留期間を延長して、それでも彼女が捕まらず、警察よる拘留期限の再延長ができないため、検察の協力を得て彼の起訴に持ち込み、検事拘留により彼の身柄を確保し続けたのです。
その間、僕は彼の交遊関係などを通じて彼女との連絡を取ろうとして、やっと連絡がついたときは彼が起訴された後でした。
彼の拘束は彼女が逃亡しているからであることを説明し、自首するよう勧めるも理解されず、起訴されている身なので公判期日がやってきて、僕も傍聴に行った
のでした。
そして2回目の公判で判決…有罪、禁固10月執行猶予3年。
判決の当日、僕らは彼を成田まで連れて行って帰国させたのでした。

そんな思い出がある川越の裁判所です。
[PR]
by gggggen3 | 2014-07-14 18:09 | 野暮ネタ

入学式

f0007802_462619.jpg
今日は7月期生の入学式でしたぁ。
新入生の皆さん、日本語学校入ったんだから、しっかり日本語を勉強しようね。
在校生と接していて、すごく出来の悪い者に愕然とすることがあります。
実習生のほうが全体として日本語がよく出来る、と思います。
留学生は勉強しに来ているのだから、勉強しなくっちゃ。
ウチの学校は理念もなにもない学校だけど、先生方は一生懸命に教えているから、一生懸命に勉強すれば必ず日本語が出来るようになります。
キミたち次第。
頑張れぇ。
f0007802_462777.jpg
入学式の後、場所を代えて歓迎パーティーがありました。
f0007802_462837.jpg
このところトップの人間の無内容さに嫌気を感じて仕事への情熱を失いつつありますが、学生と接していると、彼らの役に少しでも立とうという気になります。
人間、ヒトさまに役立ってナンボなんだなぁ、と思います。

ところで、今回の新入生には美人が何人もいます。
f0007802_462841.jpg
美人でなくても僕は親切に対応しますが。
楽しく働こうと思うなら、学生と過ごす時間を増やすことだな。
同僚のトゥンさんが一生懸命に学生の面倒を見ているのは、そこに生きる道を見出しているからなのでしょう。
僕がこの学校で働くことを決めたころ、彼は退職を考えていましたが、その気持ちがわかるようになった一方で、辞めない場合の仕事の仕方も彼が見せてくれています。
[PR]
by gggggen3 | 2014-07-12 01:17 | 野暮ネタ

わが校

学校で働いて3カ月。
いろいろな可能性を探って、よりよい学校にして行こうという意欲が高まっていたのが、ここへ来てかなりモチベーションが低下しています。
ま、それは上に立つ者の度量に飽き足らないものを感じているからです。
セップは超わがままだけど、人柄が悪くなく、善意でやってるから、まぁいいだろうと思っていましたが、最近、彼女の経営理念が単なる金儲けなのかという気がして来たのと、超わがままぶりの程度がよりはっきりと見えて来たのと、頭の悪さが上に立つ者としてどうなんだろうと思えてきたのとで、要するに愛想を尽かしつつあります。
僕がよかれと思ってやっても、無駄にされてしまいそう。
たとえば、何をもっていい学校と考えるかはそれぞれ違いもあるだろうけど、彼女はどう考えているのかを想像してみるに、何もアタマの中にないように思えます。
そりゃ、ウチから東大に進学する学生が出れば、奴は喜ぶでしょう。
そのほうが学校としてはいいに決まっているでしょう、彼女の中で。
有名校への高い進学率、これはいい学校の一つのパターンであり、そこを目指すのも悪くないと思います。
が、彼女は東大生が出れば喜ぶけど、出そうという意識をはっきりと持ってません。
教育のレベルを上げようとしたら、学生数をやたら増やそうとはしないように思いますが、彼女は数を追っています。
いま、ベトナム人ばかりに偏っているのを、僕は変えたいと思っています。
で、たとえば8月23日にジャカルタでフェアがあるので、参加すればよいと思っていたところ、その日は別の用事があるから参加しないのだそうで。
何も自分が出られなくともスタッフが行って一人でも二人でも学生を引っ張ってくればよいものを、なんでも自分がやろうとするから仕事が進みません。
仕事が進むかどうかは彼女にとってのプライオリティではないのです。
じゃあ何がプライオリティなのか?
自分が気分よく上に立っていられること。
それだけ。
その浅薄さにイヤ気がして来ました。
モチベーションは下がっています。
でも、奨学金を探したり、大学との提携を強めたり、学生の出身国を広げたり、ってことは僕自身の願いなので、進めようと思います。
[PR]
by gggggen3 | 2014-07-05 03:24 | 野暮ネタ

帰国後は…

ベトナム最終日は深夜にハノイを立つ夜行便に乗り、昨日の朝早くに成田到着。
f0007802_8532528.jpg
家に直行。
整骨院と床屋に行こうと思って着替えて家を出たのですが、会社から電話があり、僕に来客ですと。
岡山の人なのでむげに断るわけにも行かず、家に戻ってもっかい着替えて出勤。
前以て連絡くれればねぇ。
で、お客のおっさんと昼過ぎまで。
お客にお付き合いしてくれた成増校の校長先生とお昼を食べて、整骨院へ。
ところが、午後の診察は3時から。
1時間ほど待機して、40分くらい治療してもらい、次は床屋へ。
そっから先、家に戻ってからはひたすら睡眠。
ベトナム時間で4:30に成田に着いたわけで、機内でもそれほど寝ていないので寝不足。
一度目覚めて晩飯食べて、その後もひたすら睡眠。
そのまま今朝に至ったのでした。
[PR]
by gggggen3 | 2014-06-24 08:37 | 野暮ネタ

ハノイ出張

今日からハノイ出張です。
f0007802_2304836.jpg
成田発18:10のヒコーキに乗って、21:50にハノイ着。
まぁ仕事なんで、たいへんだったりもするでしょうが、できるだけ楽しく過ごしたいと思います。
[PR]
by gggggen3 | 2014-06-18 02:21 | 野暮ネタ



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
復調に向けて
at 2016-09-25 21:07
蚕糸の森公園
at 2016-07-18 17:30
朝ランニング7/10
at 2016-07-10 09:23
ちょろっとランニング
at 2016-07-03 23:25
ダッカ
at 2016-07-03 18:27
7月2日
at 2016-07-02 10:18
アフター ファイブサーティー
at 2016-06-30 23:19
ゆるっとテニスなぞ
at 2016-06-27 21:43
ブログ更新
at 2016-06-27 15:58
夏が来る前に
at 2016-06-26 13:06
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism