走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:語学ネタ( 15 )

国語辞典

会社のデスクに向っていて、差し当たりやらねばならないことがないので、ベトナム語のお勉強なんぞ。
で、ベトナム語の国語辞典的なものを見ていたら、自分の知らない言葉がいっぱい。
すげぇ自分の未熟さを感じさせられましたぁ。
まぁ今さら学校へ行くわけにも行かないので、暇なときに自分で勉強を積み重ねるっきゃない。
しゃあないなぁ、こればっかりは。
[PR]
by gggggen3 | 2015-07-14 10:35 | 語学ネタ

ボキャビュラリー・ビルディング

ビルマ語で「ありがとう」を何て言うか。
一度ビルマ人に聞いて、ノートに書き留めておいて、ときどき思い出すようにしているのだけれど思い出せません。
覚えられません。
チェーズーなんちゃら・・・。
おそらく、僕がミャンマーに行くことになったら、一生懸命に覚えるでしょう。
今は必要がないから覚えない。
ところが、必要があって「タッチパネル」のベトナム語を調べました。
マンヒンカムウンということが判明。
同時に、一発で覚えてしまいました。
必要があるから。

実は、必要だから覚えるってぇだけじゃぁありません。
すでに蓄積したベトナム語の知識があって、まずマンヒンが画面。
マンは幕でありヒンは形であって、形を表す幕ってのがスクリーンであって、マンヒンと言う。
で、液晶画面であって画面はマンヒンなんだと納得ができる。
カムウンは漢字で「感応」。
感応式のスクリーンってのがマンヒンカムウンであり、タッチパネルなわけ。
という語源的なことがわかるから覚えやすいって要素もあります。

と、実は仕事でパソコンの設定の仕方の説明文を翻訳しなくちゃならなくて調べたのですが、ほかにもたとえばハードディスクをディアクンということが判明。
判明と同時に一発で覚えちゃいます。
ディアはお皿でクンは固い。
固い皿=ハードディスク。
実に明快。

こうして、ベトナム語のボキャビュラリーを増やしておりますが、願望としてはもっともっと増やしたいと思っています。
結局のところ、語学力と言うのはどれだけ語彙数があるかってことだと僕は思ってます。

高等教育を受けた人間の母国語の語彙が約10万語だそうです。
僕の英語の語彙数がおそらく2万くらい。
ベトナム語は1万あるかないか。
これが2万まで増えるとグット楽になります。
しかし、2万にするにはあと1万も覚えねばなりません。
それってメチャ大変だけれども、ゼロから1万までよりも1万から2万のほうが、同じ1万語を覚えるにしても楽でしょう。
まぁ、死ぬまでに2万まで持って行けるか?
ベトナムで生活すれば覚えるのも速いだろうけれど、向こうに住む気にはあまりなれませぬ。
[PR]
by gggggen3 | 2014-01-23 00:57 | 語学ネタ

機内にて

機内ではまずは寝ることが第一のプライオリティ。
昨夜も寝不足だけど、それは機内で寝れるだろうとの見込みがあったから。
なにせ昨今はFacebookに目を通してレスポンドしてると3時間くらいかかってしまいます。
で、ブログを大幅に手抜きしてるのだけど、それでも夜更かしになっちまいます。
昨夜も寝たのはなんと午前3時。
翌日が仕事ならもっと早く寝るけど今日は6時間ほど飛行機に乗るんで、機内で寝りゃいいって ことで遅くまで起きておりました。

で、朝は6時起き。
朝マックでマックトースト食べて、成田空港へ。
f0007802_11452516.jpg
そして搭乗。
f0007802_11452637.jpg
離陸したらすぐに寝ちゃいました。
予定通り。

しかし、何故か40分ほどで覚醒。
機内食が配られようとしていたのでタイミング的にはgood。
で、座席のポケットのSafety instructionをふと見たら、ベトナム語のよい教材じゃあないですかぁ。
機内アナウンスも乱気流とか言うのでリスニング教材なんだけど聴き取れなかったり。
ま、目覚めたので、お勉強を始めたのでした。
こんな表現知らなかったし。
f0007802_11452714.jpg
新出単語とか結構あります。
lăn. tiếp viên. bảng. khéo léo. phi hành đoàn. cầu trượt bưng ra. mảnh vỡ. chốt cửa.
なぁんて飯の後も勉強しちゃいました。
f0007802_11452789.jpg
で、また眠くなってきたので、当初の目論見通り寝ることに。
ちょうど機内は消灯になったし。
f0007802_11452847.jpg
ま、これだけの短時間でもかなりの勉強になりました。
[PR]
by gggggen3 | 2013-10-04 15:10 | 語学ネタ

英単語

ゴスペルこっころの練習の後、久々にpandaさんらとプチ飲み会。
f0007802_2374163.jpg
その席にクーちゃんがタロットを持って来てたので引いてみました。
f0007802_237439.jpg
わりかし難しいネーミングのカードもあるようなので、英単語のテストのつもりで全カードを見たら、分からないカードが2枚ありました。
schizophreniaとice-olation。
みさをさんに見せたら、別れた後にfbメッセージが来て統合失調症だって。
いやぁ知らなかったぁ。
新出単語だと思ったけど、もしかして過去に出会った言葉かもと思い、家に帰ってから辞書を見たら…
f0007802_2374588.jpg
引いたことがありました。
赤いアンダーラインが引いてあります。
今回は2回目の遭遇。
僕は5回目くらいで覚えますが、今回は印象深いので、次の3回目で覚えそう。
語学力はどんだけ多く単語を知っているかで決まると僕は思ってます。
知っていれば理解できる、知らなければわからない…ただそれだけのこと。
だもんで、語学の勉強=ボキャブラリー・ビルディングだと思ってます。
多くを読んで、多くを知ること。
できるだけ辞書に頼らず、しかし最終的には辞書をきちんと調べる、調べた単語にはアンダーラインをする。
僕の辞書は、かなり赤くなってます。
f0007802_2374796.jpg
一方、ice~olationは辞書に載ってません。
isolationとiceを引っ掛けた造語のようです。
そりゃ分からん。
しかし今日は一つ勉強しました。

ところで冒頭の写真、東京で一番安い店とありますが、一番かどうかはわかりませんが確かに安いっす、会員にならないと安くないけど。
[PR]
by gggggen3 | 2013-09-13 02:04 | 語学ネタ

兄妹

ベトナム語の人称代名詞は家族的人間関係を用いまして、外国人には厄介です。
初対面の人をなんて呼ぶか、初対面の人と話すとき自分をなんて呼ぶか。
まあ、男は相手をアイン(兄)と呼び、自分をニュートラルなトイ(原義は下僕ってことのようで、僕ってのも下僕なんでしょう)と言っておけば、それなりの丁寧語なので差し障りありません。
昨日来日した高校生の一行、高校生に対して公的にはバン(友)またはエム(妹、弟)と呼んで自称はトイ(下僕)ですが、雑談やプライベートな会話はチャウ(甥、姪)で自分をバック(伯父)と呼びます。
彼らは自分がチャウで、僕のことをバックと呼びます。
団長さんは50ちょいのおっさんで、特に親密になったら兄、弟と呼び合いますが、相手をエム(男)とは呼ばず丁寧語のままアインと言ってればOK。
さて、問題は女性。
今回、副団長として来ているのが30代の女性。
この人を何と呼ぶか、これが実にデリケートです。
丁寧語なら相手をチ(姉)自分をトイ(僕)ですが、年下の女性を姉と呼ぶとメチャ距離感が遠いものになり、しかもおじさんっぽい人から姉さん呼ばわりされるのは心外だったりもします。
で、ここまで年齢差があればチャウ(姪)チュー(叔父)がいいのかなぁと思ってました。
チューは、例えばドクくんが僕のことをチューと呼んでます。
自分をコン(子)、逆に僕が彼をコンと呼んで。
で、バックトゥー副団長。
チューとかバックとか呼ばれるかと思いきや、なんとアインで来ました。
その時の一人称はエム(妹)。
これはメチャ嬉しいです。
僕がエムと呼べる女性は何人いるでしょうか。
これは、親しい若い女性が何人いるかというのとほぼ同義です。
いやぁ、久々にエム登場。
しかも、なかなか感じのよいご婦人です。
[PR]
by gggggen3 | 2013-06-26 03:41 | 語学ネタ

語学力

英訳の小説を読みながら、知らない単語を書きとめておいたら、読み切ったところで72語になりました。
わりと少ないように思います。
それは、それだけ学んだ結果。
知らなかった単語はこれから辞書を引きますが、久々に僕のコンサイスを手に取ってみると、よく使ってます。
f0007802_0573095.jpg
しかし、まだ知らないコトバがゴマンとあります。
一方、今日は職場でベトナム語への翻訳をやりましたが、えらく稚拙。
英語もベトナム語もまだまだ力不足です。
[PR]
by gggggen3 | 2013-01-08 00:38 | 語学ネタ

Reading a book in Englih

A colleague in my choir offered me to lend me a book. I didn't decline for two reasons: The book seemed to be interesting, and the colleague is attractive.
After I accepted her offer, she asked me which do I prefer, English or Spanish. She couldn't find the Japanese translation.
There's no choice for me but English, so unexpectedly I happened to read a book in English,
I haven't been reading for a long time, and I became lazy to have my eyes work on characters. Besides, I spend much time with the internet so that there is smaller room of time to spare for reading books.
So, I'm reading the book with very slow pace.
When I read something in English, I try to read without looking up the dictionary when I come across with words I don't know. Instead, I guess.
Later on, I'll check and see if my guessing is right or not.
I will consult the dictionary if the word I don't understand is a keyword with such an importance that I must be lost in my way to follow the story without knowing its correct meaning.
So far, 56 pages out of 167, there had been twenty some unknown words but none of them so vital to affect my reading.
For example, the first word which was strange to me was sycamore, and it grew in a ruined church, and I didn't have to know exactly what plant it is as long as I understood that it's a kind of plant.
The latest encounter with a new word is cobbler, and it's written that the cobbler repaired shoes, so why do I .have to look it up in a dictionary, it's explained.
So I've been reading without any help of a dictionary.
And I'm enjoying the book.
The book is Alchemist.
f0007802_23585061.jpg

[PR]
by gggggen3 | 2012-11-19 22:38 | 語学ネタ

お勉強

このところ頭ン中を占拠している音楽はベトナムを訪問する高校生親善団が向うで歌うことになっているベトナム語の歌。
出発の前日の結団式の後に僕が歌唱指導することになっておりまして、その前に僕が歌えるようにしなきゃならんのです。
通勤中とかずっとイヤホンでこれを流しておりまして、かなり頭に入ってきております。

で、歌詞がすべてスンナリ理解できているかというと訳せない単語が多々あります。
Rừng núi dang tay nối lại biển xa
Ta đi vòng tay lớn mãi để nối sơn hà
Mặt đất bao la anh em ta về
Gặp nhau mừng như bão cát quay cuồng trời rộng
Bàn tay ta nắm nối tròn một vòng Việt Nam

Cờ nối gió đêm vui nối ngày
Giòng máu nối con tim đồng loại
Dựng tình người trong ngày mới
Thành phố nối thôn xa vời vợi
Người chết nối linh thiêng vào đời
Và nụ cười nối trên môi

Từ Bắc vô Nam nối liền nắm tay
Ta đi từ đồng hoang vu vượt hết núi đồi
Vượt thác cheo leo, tay ta vượt đèo
Từ quê nghèo lên phố lớn nắm tay nối liền
Biển xanh sông gấm nối liền một vòng tử sinh
赤字のところは辞書をひいて勉強せねば。
意味がわかると、さらに歌いやすくなるでしょう。

しかし、高校生には単純にオトとして覚えてもらうしかありません。
僕がクメール語で
プロム・チュム・クニア・リーク・リーエィ・サン・バイ・チャン
と歌ったように。

しかし、タイヘンだ。
彼らには僕のエクセル版カナ書き譜割りを見ながら歌っていただきます。
[PR]
by gggggen3 | 2012-03-16 23:53 | 語学ネタ

狙い通り・・・以上

僕がiPhoneを買うことにした動機は、iPhoneとiPad用のベトナム語辞書アプリを使いたいってことだったわけですが、いやぁ、これは本当によかったと思っています。
今日もJ習生から電話がありまして「今、病院に来ているんだけれど先生の言うことが解らない」ってことで、その電話に先生が出て来まして「患者さんは親知らずが生えるために腫れていて、今日のところは投薬で応急処置をしておきますが、いずれ改めて治療が必要です、とお伝えください」とのこと。
えっと、親知らずってベトナム語で何て言うのか覚えてないぞ・・・
で、さっそくiPhoneにダウンロードしてある辞書を引きますと・・・
f0007802_16415967.jpg
にゃるほど、răng khônと言うのかぁ。
いやぁ助かります。
この辞書、語彙数がものすごく多いし、例文もかなり出ているし、本当にスグレモノ。
もちろん、引いた結果が必ず満足できるってぇわけではありませんが、80%以上の満足度。
いままでの辞書は、日越辞典だと引いたときの満足度は30%程度、英越辞典で60%程度でしたので、僕の仕事環境はこれで飛躍的によくなりました。
いままで不自由だったのが、かなり自由になったのです。
iPhoneを買ってよかったぁ。
そのうち、このアプリがアンドロイドでも使えるようになるンでしょうが、今のところはこの辞書はアップルストアでしか売られてません。
お値段は170円でした。
これも凄い。
以前に1万5000円近く払ってハノイで電子辞書を買ってもらったのですが、ロクに使いものにならなかったのでした。
字引きをどんどん引けることで語学の上達も速まります。
もう、僕ぐらいの語学レベルになると「できる」「できない」の差は語彙数の差。
恐らく今の僕の語彙は1万前後だと推測してますが、これが2万くらいまで増やせれば達人の域に達するでしょう。
辞書が手元にあって、日常的に引くことで語彙はどんどん増えます。
今日も「親知らず」を覚えたし、例文を見て「歯を抜く」というときの「抜く」を覚えました。
昨日は「錫」を覚えたし・・・。
まぁ、それでも平均して1日1単語を覚えるかどうか・・・1日1語として1年で365語。
このペースだと1万が2万になるなんて30年近くかかります。
死んでるな、達人になる前に。

おまけ:
辞書は越日なんだけど越英も兼ねておりまして「親知らず」はwisdom toothというってのも知ることとなりました。
ヘェー。
ベトナム語は英語の訳語なんですなぁ、直訳すると「賢い歯」ですから。
ついでに「犬歯」も引いてみちゃおう。
フムフム。
「臼歯」も。
この程度の語彙を知っているのは2万語レベル以上でしょうなぁ。
[PR]
by gggggen3 | 2012-01-14 16:59 | 語学ネタ

いろいろと勉強に

いやぁ、オクラが英語だなんて知らなかったけれど、そいつを仕事中に知ることになったってぇのが最近の仕事の面白さ。
一時は嫌気がさして辞めたいと思っていた仕事ですが、このところ大きな不満もなく(トップの独裁者の身勝手ぶりには腹を立てつつも、自分への実害がない)、あれこれ勉強しながらそれで給料が貰えるのだから有難いとさえ思ったり。
今日の仕事は労働法関連の教科書の編集が主で、あとは会員企業から依頼された環境方針、品質方針の翻訳のチェックなど。
ま、ISOには愛想をつかしたりもするわけですけれど(基本的にクダラナイ要素が多過ぎると感じてしまいますが)、認定を受けた会社としてはそれに基づいてあれこれやらねばならず、環境方針だの品質方針だのを社員に徹底周知させるのもその一つで、ベトナム人を受け入れているがゆえにベトナム語への翻訳を依頼してきたりするわけです。
以前は翻訳も自分が一手に引き受けねばなりませんでしたが、3月からネイティブがハノイの事務所から転勤してきて僕の所属部署で一緒に働いており、和文越訳はほとんど彼女にお願いしています。
で、僕は彼女が訳した訳文を見直すことになるわけですが、訳語の可否の吟味なんぞはあれこれ調べないと判断がつかず、かなりのリサーチ作業をすることになります。
たとえば「持続的発展」という単語を彼女は「継続的発展」に当たるベトナム語に訳していたりするのですが、ここで「持続的」というのは「持続可能な(発展)」と言ったほうがよいかも知れぬサステイナブル(ディベロプメント)の和訳語であって、そいつを「継続的」としてしまうと誤訳になってしまいます。
で、サステイナブル・ディベロプメントに対するベトナム語の定訳を調べて、ほれこの持続的ってぇのは●●と訳さねばならぬのだよ、などと指摘をしたり。
ま、その定訳が気に入らなかったりもするわけですけれど(継続的に近い言葉なもんで)、ともあれサステイナブル・ディベロプメントをベトナムでは何と言っているのかはここでお勉強しちゃうことになるわけです。
ま、そんなこんなで、彼女とは「○○は××と訳す」「△△のことは▼▼と言う」などという訳語の擦り合わせをしばしばやっておりまして、どんどんと語学力が磨かれていくわけです、彼女も僕も。
で、依頼された翻訳を離れても「△△のことは▼▼と言う」的な会話もしておりまして、オクラの発見もその延長線上にあったのでした。
最近、会社の階段で滑り落ちて足を骨折して手術を受けたベトナム人がおりまして、昨日、そいつから僕のところに「仕事を休んでいるけれど給料はどうなっちまうんですか」という質問の電話があって、労災保険の休業補償が適用されるってぇ回答したのでした。
奴はもう退院していますが、寄宿舎で昼間1人で不自由だろうなぁなんぞと思いつつ、ネイティブ・スタッフの彼女には「▽▽のことを松葉杖というのだ」と話したのですが、加えて「なぜ松葉杖」と言うかって説明もして彼女は偉く納得したわけだったのですが、僕はふと松葉ってぇのは針のようなカタチをしているけれど「葉」ってぇのは松の葉でも平たい「葉っぱ」と同じláでよいのか、ってぇ疑問を抱いてそれを彼女に質問して肯定的な回答を得たのでした。
そっから雑談でブーゲンビリアの花ってぇのは小さくって白い花が花であって、紫色など派手な花弁のように見える部分は実は葉っぱなんだよね~などという会話を交わしまして、ブーゲンビリアという単語が彼女には初めてだったので、ここで彼女の語彙が1つ増えたところで「ところでブチョー、ダウ・バップは日本語で何と言いますか?」との質問。
即答できず・・・ダウ・バップ(đậu bắp)がどんなモンかわからなかったので。
で僕は即座にđậu bắpを画像検索。
検索結果はこれ
ああ、これはオクラと言うのだ・・・と、ここまでオクラは日本語だと思っていたわけですが・・・この検索結果の中で1つの画像
f0007802_3474158.jpg
この画像のキャプションが okra đậu bắp となっていたのにちょっとむむむ???と反応。
で次に okra で画像検索をしたらぞろぞろとokraの画像が並んでいます。
なぁんだ、オクラってぇのはokraなんだぁ、と知ったのでした。
なぁんてぇことを仕事中にやってたりもするわけなんで、これで給料が貰えるってぇのはホントに有難いことと思う今日このごろなわけです。
ま、そのほかにも労基法なんぞにもずいぶんと詳しくなっているし、溶接に詳しくなったり。
いや、彼らの仕事は多岐にわたるんで溶接だけじゃなくってプラスチックの射出成型なんぞについても、最近ではアルミ・ダイカストとかについてもずいぶんと知識を深めております。
それも給料になるんだから、有難いです。
[PR]
by gggggen3 | 2011-08-11 03:56 | 語学ネタ



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新の記事
復調に向けて
at 2016-09-25 21:07
蚕糸の森公園
at 2016-07-18 17:30
朝ランニング7/10
at 2016-07-10 09:23
ちょろっとランニング
at 2016-07-03 23:25
ダッカ
at 2016-07-03 18:27
7月2日
at 2016-07-02 10:18
アフター ファイブサーティー
at 2016-06-30 23:19
ゆるっとテニスなぞ
at 2016-06-27 21:43
ブログ更新
at 2016-06-27 15:58
夏が来る前に
at 2016-06-26 13:06
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism