走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

<   2006年 08月 ( 42 )   > この月の画像一覧

ランニングシューズ

マラソンを走るうえでシューズは実に重要です。
初めてフルマラソンに出場した2001年11月の「つくばマラソン」では、高橋尚子選手がシドニーで使用したモデル「ターサーJAPAN」を履きました。
それが拙かったんですかねぇ、30キロ過ぎで足が痙攣してしまいました。
それから先は、走ったり歩いたりで何とか4時間13分でゴールはしたんですけれど、「走り切る」つもりでいたのが途中で歩いてしまったので自分的には「完走」とは思えず、再度のフル挑戦を決意したのでした。
練習では40キロまで走れていたので、30キロ過ぎで足がつってしまったのは不本意でした。で、その原因の一つがシューズだったのかも知れません。
トップレーサーの使うシューズはメチャ軽いのと、柔らかくて素足に近い感じ...このほうがスピードが出るのでしょう。が、スピードが出るような足の使い方は疲労も大きいわけで、そういうトレーニングをしていない素人ランナーが本格的なレーシングシューズを履くのは逆に戦力ダウンになってしまう可能性があります。
ミーハーで高橋選手と同じシューズにした(もう一つ、色が白地に黒と黄色だったということも影響しているんです)けれど、失敗だったように思います。

しかし、シューズ選びは難しいっす。
僕はAsicsを使ってますけどAsicsだけでもメチャいろんなシューズを出しています(例:これだけあっても一部)。やれ、ターサーだのソーティーだのO’HareだのGELなんちゃらだのと言われても、どう違うのかもよく判らん。
で、2001年にランニングを始めて暫くして購入したライトレーサー(今はLYTERACERだけど、当時はLITERACERでしたなぁ)というのが、ベストかどうかはサッパリわからないけれど、特に文句をつけるところがないのでグッドであるってことで、その後もこの機種をメインに使っています。
今年の2月、上野のジュエンという運動具店で、このライトレーサーを格安で売っていたので購入しました。新たにベルクロのモデルが出ていたのと値段が非常に安かったので、普段履きにベルクロ、レース用に紐と2足買いました(当blogに写真入りで載せたりしてます)。

で、いつもはベルクロ、ときどき紐のシューズで走っています(紐のほうも履き慣らしとかなければいかんので)が、具合はベルクロのヤツのほうが格段に上。紐だと足首近くを締めるのは簡単だけど、足先のほうは締まりにくかったりします。ベルクロだと、どちらも簡単に締まります。
これに気付いたので、レース用にもベルクロのシューズを使いたいと考えてます。

ところで、ランニングシューズの寿命は走行距離500キロが目途だそうです。
今使っているライトレーサーCFは、もう500キロ近く走ったように思います。
んなワケで、またシューズを買わねば。

***
昨日傷めた太腿の付け根がまだ痛いので、ランニングはオヤスミ。
チャリンコ乗っても痛くなく、テニスでは忘れちゃって気にならないのだけれど
ランニングでは一歩ごとに鼠蹊部を伸ばし、そのときが痛む。
まあ、暫くは仕方がないなぁ。モーラステープなんぞ貼っております。
今日で8月がオシマイ。
というわけで1カ月の走行距離のマトメ:136キロ
7月の254.5キロから比べると大幅減だけど登山が2回あったりもするんでそれなりに動けたと思ってます。
しかし、まだまだ弱いなぁ。2003年の今ごろは皇居2周を48分台で走れたのだ。
急ピッチで強化を図らなきゃならん。
そんなときの故障で、ちょっと痛い...けどしゃーない。
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-31 21:43 | runネタ

うたた寝

昨夜(30日の夜)は遅い晩飯のあと、ソファーで横になっていたら...
いつの間にやら眠っておりました。
気がついたら午前2時...
それからメールチェックして、返事書いたりしてたらもう午前3時だぁ。
昨日は走っていないから、今から昨日の分のランニングをするべ。

***
で、着替えて走りに出たのだけれど...
走り出したら、左足太腿の付け根んところが痛いので、中止。
実は、昨日のヨガ教室で太陽礼拝をやっている途中、ピキーンと伸ばしちゃったのだ。
まあ、大して痛くなかったのだけれど、走ってみると痛いので走るのはヤメ。
イヤな思いまでして走るこたぁない。
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-31 03:45 | よくネタ

旧知との遭遇

29日の夜...9時くらいだったかな、皇居の周りを走っり終わって、大手濠に面した和気清麻呂像んとこの水道で顔を洗って、停めておいたチャリンコから着替えのシャツやらドリンクやらを入れた袋を取って、ベンチに腰を下ろしたとき「北川さんじゃありませんか」と声を掛けられました。
声の主は西田カメラマン。
走っている途中で、僕とすれ違ったのでUターンして追いかけて声を掛けたのだけど、北川さんは集中してたみたいで...と仰る。確かに、途中で一度、追い抜くほどの勢いで声を出した人がいたのには気付いたんですが、それっきり追い抜くでもなく離れてしまったので、知り合いだとは思わなかったのです。失礼しました。

西田カメラマンはTVのカメラマンとして非常に優秀、いい映像をたくさん残しております。
きちんと一緒に仕事をしたのはTBSの堤ディレクター、レポーター薬袋美穂子さんとベトナムの旅モノをやっただけ(チョイ仕事なら「初めてのおつかい」とかで一緒だったり)だけど、まさに同じ釜の飯を喰っていた仲。
北海道の出身でスキーも上手いんで、一緒に滑りに行ったことがあります。

数年前からマラソンを始めていて、去年のホノルルでは3時間31分ナンボ。
膝が痛いので思うように練習できないと聞いていたのに、いつの間にか僕よりよい記録でフルを走り切っていました。

それにしても久々の再会。
前回会ったのは2004年5月@赤坂with江口カメラマンだから2年3カ月ぶり。いや、feat高世仁氏@赤坂「蕗の塔」がその後だったかな、もう記憶も曖昧になっているけど。
話すことはいくらでもあるんだよね~、彼も最近自転車を買ったとか、ランニングシューズでも神田のアスリートクラブでインソールを作ったとか(僕もその店に行ったのだけど、ちょうど定休日だったんで...って、このblogにも書いたことがあります。えーっと、ここだぁ6月7日)。
で、西田カメラマンは今年もホノルルに出場予定。
来月からだか、ミャンマーで1カ月の長期取材をするんで、練習不足が心配とか。
大会参加予定はどうなんだとか、シューズはどこで買うとか、ランニングも一度コーチングを受けたらどうなんだろう...我流のままよりもとか、もう話は尽きません。
が、夜も10時を回ってしまって、僕は家の食卓に晩飯が用意されているのを放置して来ているという事情があったりもするんで、後ろ髪を引かれながらお別れしました。
また、改めて情報交換の機会を作らねば。

僕が40歳でテレビの仕事を始めたとき、彼は若手のカメラマンとしてメキメキと腕を上げているところでした。
で、この僕が60歳になっちゃったんだから、あのとき彼がハタチだったとしても、もう今は40歳...オヤジ的年齢じゃん。今日も若々しかったけど。
いやぁ、嬉しかったなぁ旧知との遭遇。
冬になったらスキーなんぞもまた一緒にやりたいものですな。

***
で、僕が走ったのは皇居2周。目標は「50分を切る」だったのだけど50分57秒、それで一杯いっぱい。
いやぁ、先は長いなぁ。「10キロ50分で走る」ってのを連続4回やって40キロ3時間20分、そのまま42.195キロを走りきると3時間30分58秒5なのだ。
ところが、今は4回なんてトンデモナイ。1回も出来ないし、出来たとしても1回でヘロヘロ。
まだまだ努力を重ねないといかんのですなぁ、遊びとは言え。
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-30 00:10 | ひとネタ

美味い餃子を求めて(4)

今日はK子さんが12時に上野の歯医者だったので、僕も上野回りで帰って合流し、上野で昼飯にすることにしました。
上野って美味いものがいろいろありそうなんだけれど、通い慣れていないのでイマイチ不案内。
で、他人様のexciteブログにしばしば登場するアメ横「昇竜」の餃子を喰ってみることにしました。

f0007802_1684949.jpg昇竜はまさにガード下。
カウンターだけのお店です。
僕らはスンナリ入れましたが、すぐ満席になってしまい、僕らが喰っているころに到着した客は外で待たされておりました。
さすが有名店...人気がありますなぁ。

で、僕はもちろん餃子ライス(600円)。
餃子だけだと450円です。
K子さんはタンメンを注文。
餃子は、次から次へと焼いてあるんで、スグに出てきます。
タイミングがいいと焼き立て(混んでいるときはチャンスが大きい)だけど、場合によっては焼けてから暫く置いてあったモンが出てきます。
f0007802_16164755.jpgサイズは最大級、1皿4個だけどボリューム的にはこれでたっぷりです。
池袋「開楽」の餃子と同じくらいのデカさかな。
味も悪くありません...合格。
次にアメ横に来たときにまた寄って行こうかな、って気になります。
絶品というワケではないので、よ~し今日は餃子を喰いに行くぞ~って時にここを選択することはなさそうですが。
今は、よ~し餃子喰いに行くぞ~って思ったときに、なら○○にしようとすぐ頭に浮かぶ店がなくなってしまいました。
そんな時は池袋サンシャイン・ナンジャタウンの餃子スタジアムに行ってしまいそう。
で、ここ「昇竜」の餃子ですけれど、家にいて「餃子喰いに行こう」って思ったときにここに来るほどのものではありませんが、喰い終わったときに「よ~し、今日は餃子を喰ったぞ~」という充実感はかなりのものです。
いやぁ、ほんと、今日は餃子を喰ったなぁ...喰ってからもう3時間半も経っているのだけれど、まだ餃子に満たされている感じが残っています。
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-29 16:29 | 喰いネタ

筋肉痛

先週の燕岳登山の翌日&翌々日と違って、今回の富士登山の後の筋肉痛は軽微。
まず、その燕で一度酷使した後なんで、脚力が強化されているってことがあるでせう。
それと、今回は9合目でサボってしまったので標高にして1000メートルしか登ってません。
さらに、下りは「仕事帰り徹夜登山」でお疲れだったすずみどと同じペースだったってぇのも大きな違い。下りを走ると筋力を激しく使うけど、それをしなかったわけです。
そんな、こんなで先週より元気です。
でも「筋肉痛は軽微」と書いておりますように、皆無なワケではありません。
太股がちょっと張った感じになっています・・・適度な疲労、かな。
こんな感じのときには、ちょっと走っておくとよいのですが、昨日は在宅翻訳の〆切を間違えて慌てて訳して納品したために時間的余裕が全くありませんでした。
今日は軽く走ることにしたいと思ってます。

で、これまでのスロージョグ中心の走りは止めにして、もっとアグレッシブなランニングに変えていこうと考えております。
これまでの練習はあまりにも「生ぬるい」ものだったという反省をしているからです。
で、そんなことを考えていたら、僕のこれまでの生き方すべてが「生ぬるい」ものだったような気がしてきました。シビアな局面というのが全くなかったわけではありませんが。
生き方のすべて・・・ではないか。最近の10数年が「ぬるま湯」なのだな、よく考えると。
それにしても、この生ぬるい状態から一度シャキっとしてみたいものです。
今年いっぱいで現在の仕事を辞めるので、それが一つの転機になる可能性があります。
これとは別に、ランニングの練習だけは、今からシャキっとしたものにしようと思ってます。
取り敢えずの目標は10キロを50分で走ること...結局これでも生ぬるいかな?
でも、長距離走は一足飛びに強くはなれないのでステップbyステップで。
10キロ50分の後には20キロ100分、30キロ150分・・・次々と目標がうpされて行くワケですから、ずっとぬるま湯状態なわけではありませぬ。
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-29 11:52 | 健康ネタ

やばい

先週受注した在宅翻訳の〆切が今朝の9時だった。
原稿が送られたときのメールに明記されていたのを見落としていて、明日のつもりだった。
で、全くやっていなかったんで、いまシャカリキになってやっているところ。

んなわけで、ランニングなんてやっておれん。
筋肉痛は大したことないんだけど。
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-28 20:41 | 野暮ネタ

行ってきました、富士山

26日夜から27日にかけて富士山に行ってきました。
今回の登山隊は...
愛媛からみおっさん、あっきぃさん
兵庫からど~じん
長野からシャーさん
千葉からソメちゃん
埼玉からすずみど
神奈川からクロちゃん
東京からリュウくんと僕
の合計9人...全国から選りすぐりのメンバー、ってこともないか。

f0007802_21442319.jpg26日夜10時に富士宮口五合目を出発。
「天気が悪かったら登るの止めようね」って僕は散々言っておりまして、実際にお天気は微妙でした。
まあ、最も遠くから来ている愛媛のお2人の意見を最も尊重するという路線で臨んだのでしたが、この2人だけでなく、誰一人として「天気悪いねぇ」とか「登るのどうしよう」とかブレーキをかけるような発言をする者はなく、「取り敢えず、行くだけ行ってみよう」ってことに。

かなりガスが出ているし、それに途中からは雨も降ってきたのだけれど上へ上へと向かう行動に対するオブジェクションは誰からも出ません。う~ん、みんな行く気なんだぁ。

そして八合目(標高3250メートル)まで登ると、なんと上空に星が見えました。星は、すぐに隠れてしまったり、また現れたり。だけど、これで一行の上昇志向は決定的。

僕自身は、と言うと...登山ではほとんどいつも余力を持っているんだけど、今回はわりかし一杯いっぱい。先週の燕岳登山と比べても、しんどい感じ。燕岳でも標高差約1300メートルで、今回と変らないんですけどねぇ、スタート地点の標高が2400メートルだからこちらのほうが厳しいのか。それと、富士山は5年連続5度目なんだけど、これまでの4回よりもしんどいのは例の「経年劣化」なのか。
去年は土曜日の午後に八合目まで登って小屋泊りだったんで、小屋を利用しない今回のほうがきついのは当然。でも、最初の3年間はずっと小屋を使わぬ今回と同じパターンだったから、今日がしんどく感じるってことはやっぱ年齢的な問題ですかねぇ。

まあ、要するにこれまで以上にヘバっていたわけですが...
九合目(標高3410メートル)まで登ったところでメンバーの1人が高山病による頭痛に悩まされていることが発覚。
ちょっとくたびれていた僕は、それを口実に小屋でしるこなんぞを喰いながら大休止を取ることにして、そのメンバーと小屋の中に。これが午前3時前だったかな。
暫くすると雨なんぞも降ってきて、外で待っていた連中はそのままではカラダが冷えてしまうってことで頂上に向かって出発。僕ら2人だけ小屋に残りました。

で、わりかし長く休んだのだけれどやっこさんの頭痛は治まらないし、雨もしっかり降っているので、2人してこの小屋で仮眠することにしちゃいました。
仮眠すると言っても、ちょうど泊り客が起きるときで騒がしいし、僕は休んでいるときに飲んだコーヒーが効いたこともあって、なかなか寝付けず。やっこさんの方は気分が悪いのか頭が痛いのか、寝付く様子は全くなし。それでも布団の上に横になっているんで、カラダは多少休まります。
ほんでもって、御来光が近付いたんで小屋の外に出てみたときの写真が前記事「なぜか」の写真(写メ)。
f0007802_22224533.jpg同じときに撮ったデジカメの写真だと、こんな感じ...午前5時ごろです。雨はいつの間にか上がっています。小屋の位置からだと、登る朝日を直接見ることができません。
が、これならば頂上を目指した7人はめでたく御来光を仰ぐことが出来ただろう、と安心して僕は再び布団に。
それから暫くして、爆睡しました...2時間くらいかな。

目覚めて携帯をチェきると、7時25分に下山を開始しました、とのリュウくんからのメールが届いております。
f0007802_22341553.jpg外に出たら、太陽はもうこんなに高く上っています。
まあ、僕的には爽快な朝。気分は上々。
相方は少しも眠れなかったらしく、いまひとつ元気を回復しておりません。

暫くすると、登頂を果たした7人も降りてきて合流。
徹夜で登って下ってきたので、さすがにちょっと疲れた様子。
f0007802_2242790.jpg




んでも、天気がよくなってよかった。
これでずっと雨だったらメゲちゃいます。
で、無事9人が再結集しての下山。
しかし、六合目からは雨に降られてしまいました。

まあ、前の日は僕たち関東組が五合目に到着したころに雨が上がり、この日は僕ら全員がほぼ下り切る直前になって雨が降り始め、途中でも多少は降られたりもしたのですけれど...あっきぃさんの言うように(ん、みおっさんの発言だったかな?)...僕らが登るときだけは天候がなんとか回復したのはラッキー。

f0007802_2254256.jpg最後の集合写真は雨の中でした。
いやぁ、それにしてもみなよく頑張りました...僕は頑張らずに楽チンな範囲で収めちゃいましたが。

紅一点のすずみど...初の富士登山、しかも土曜日の午前中は出勤していたというから凄い。で月曜日はふつうの勤務だから大変かも。
愛媛からは登山口まで10時間以上もかかっていて、もちろん帰りも同じ、いや時間帯が早い分、もっと長時間のドライブになるけど、こちらも大変です。やはり月曜はふつうに勤務。
1人で車を転がしてきて、また1人で車を転がして帰るシャーさんも、月曜はふつうに仕事。
みんな、それぞれ結構タイヘンなんだけど、でもそれがなにかで報われたってのが今回の富士登山でした。
また来年も再挑戦したいものです。
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-27 23:13 | 山ネタ

なぜか

f0007802_562873.jpg

九合目で御来光です。
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-27 05:06 | 山ネタ

富士登山

さて、今夜から富士に登ります、天気が悪くなければ。
愛媛組はもう出発したことでしょう。
僕はぼやぼやしてたら、こんな時間になっちまいました。
今から寝て、ゆっくり起きて、夕方にリュウくん家に集合。
天気は...曇りの予報。微妙。
登山隊の皆さん、曇りだったら登るのかなぁ?
景色が見えない富士山ってぇのはツマランと思うな。
でも僕的には筋トレになるから、登ってもいいんだけど。
まあ、遠方から来るお2人の要望次第ってことにすればいいかな。
隊はもう1人増えて、9人になるかも。
(午前3時)

***
四国&近畿組3人は朝8時ごろには富士宮着。
いまはもう五合目。
空は一面、白いらしい。
(午前10時50分)

***
f0007802_11325770.jpg空は一面白い...ではなくてガスってらぁ。
ど~じんから写メが届きました。

東北地方は秋晴れ、西日本は夏空で晴れ...その真ン中は夏と秋の空気が混じって雲が発生しちゃっているらしい。どっちかにしれくれぃ。

んんん? 六合目?
偵察に登ってみているのか...

集合時間は20時30分だからあと9時間もあるもんね、ヒマを持て余しているのでせう。
(午前11時30分)

東京の気温は25・8度と、この時期にしては涼しい...ちょっとジョギングしてこようかな~って気分です。

***
んで、走ってきました。
気温は26.6度(午後1時)とやや低いけれど、湿度がかなり高いので走りやすい環境ではありませんでした。
これまでのタラタラした走り方だと強くなれないと思ったので、わりと一生懸命に走ってみました。
約7キロの菊坂コースを38分弱...キロ5分24秒ペース。
このペースだと、いまのところ長い距離は走れない。まだ弱いなぁ。
さて、出発までまだ間があるから昼寝でもしよっかな。
(午後1時20分)
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-26 13:22 | 山ネタ

やる気なし

水曜夜、木曜夜ともに蒸し暑く、眠気も催したので走らぬまま寝てしまいました。
いつもなら多少の暑さなんぞ無視して走るんだけどなぁ、距離短くするなどして。
要は「やる気」の問題...って精神論を唱えるつもりではありません。
僕は「やる気がないときはやらなきゃよい」と思っているんで、やる気のなさを否定したりはしません。またそのうちやる気が出てきたときにやりゃぁいいんです。
そもそも、僕のランニングは「遊び」でやってるンですから面白くないときは走らなくて当然。
でも、なんでここ数日「やる気がない」のかってことは分析しておきましょう。
まず第一に、登山の疲れが残っていたってこと。木曜もわずかだけれど筋肉痛がありました。
第二に、登山で受けたダメージが大きかったことで精神的にもショックを受けたってこと。
いやホント、今までランニングを一生懸命やったつもりでいたのに、山に登ったらヘロヘロになってしまったわけで、それまでの練習が「まったくナマぬるかった」と痛感。いささかガッカリしております。
でも、このガッカリは「これからはもっとキッチリと鍛えるぞ」という方向へと展開して行くんだな、僕の中では。というワケで、これからのトレーニングはもっともっと厳しいものにして行こうと思っています。
そんなことを思っている矢先に、蒸し暑い夜だったのです、昨晩は。
ま、厳しいトレーニングが出来ないときは、ゆるいトレーニングをすりゃぁいいんだけどね。でも、その気にならなかったのだから仕方ありませぬ。
まあ、今夜あたりは「やる気」になるかも知れません、ならないかも知れないけど。
どっちに転ぶかはわからないけど、転んだほうに進みます。

とりあえずの最大の関心事は日曜日の富士登山ですな。
燕岳登山であんだけのダメージを受けた後なんで、今度はわりと平気なはず。
これで平気でなかったりすると、ますますガッカリしなければなりませぬ。
というのは「鍛えても強くならんという老人のカラダになっちまっている」という厳しい現実を認めなくてはならなくなるんで。

***
夕方になってやや涼しくなり、走ることを思い立った。
耐久性を要するような走りをしたくなかったので、皇居1周のラップを狙うことにしてみた。
で、5キロ限定で耐えられる力の限り走ってみたのだが、これが苦しかった。
そして苦しい割にはスピードが出ず、結果は24分24秒だった。
そのあと、スロージョグでもう1周してやろうと思っていたが、疲れ切ってしまった。
まだまだ弱えってことがわかった。
[PR]
by gggggen3 | 2006-08-25 23:03 | runネタ



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
最新の記事
復調に向けて
at 2016-09-25 21:07
蚕糸の森公園
at 2016-07-18 17:30
朝ランニング7/10
at 2016-07-10 09:23
ちょろっとランニング
at 2016-07-03 23:25
ダッカ
at 2016-07-03 18:27
7月2日
at 2016-07-02 10:18
アフター ファイブサーティー
at 2016-06-30 23:19
ゆるっとテニスなぞ
at 2016-06-27 21:43
ブログ更新
at 2016-06-27 15:58
夏が来る前に
at 2016-06-26 13:06
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism