走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

喪中の挨拶

毎年、この時期になると
いつも年賀状をやりとりしている人の何人かから
「父(母)●●が永眠いたしましたので新年のご挨拶を・・・」
という喪中の葉書が来る。
今年も、今日届いたのを入れて5枚、いや6枚かな?
まぁ、僕の学校時代の友人などは
ちょうど親が逝ってしまう年頃なのだが、
今日来たのを含め、2枚が何と享年59歳(男)。
そうかあ、このタイミング(今の僕)であの世か。
ヨボヨボになってまで生きていたいとは思わないけど
せめて、ダブル(ツイスプとかバッコ)決めてから逝きたいなあ。
走るほうも、もっかい、ちゃんと走りたい。

しかし、まだだめだなぁ膝の調子は。
ま、急によくなったりはしないだろう。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-12-07 14:17 | 健康ネタ

LT

今日はLTについて、ちょっと書いてみよう。
LT...と言えば、当blogの読者の8割以上は
あのLTのことを想起するに違いない。

しかし、別のお話なのだ。
今日のお題のLTLactate Threshold の略、
日本語では「乳酸性作業域値」などと訳されている。

走っていると、血中乳酸濃度が上がってくる。
スピードを上げていくと、ある速度でこれが急上昇する。
ドカーンと急に上がるところ、それをLTと言うらしい。

これをかなり超えて走ると、筋肉に乳酸が蓄積される。
「足が棒のようになる」ってのは乳酸の仕業だ。
乳酸を溜めてしまうと、力はがっくりと落ちる。

フルマラソンは、いかにしてそこんところを
「ギリギリ・セーフ」で走りきることができるか
の勝負なのだ。
(もちろん僕の場合は他人との勝負ではなく自分との勝負)

これが実はなかなかビミョーなのだ。
1キロ=5分のペースではセーフなのに
1キロ=4分55秒だとアウトだったりする。
この場合、20キロ地点を1時間40分(100分)で通過しれてば
最後までほぼ同じペース完走できるはずのに、
ちょっと調子に乗って 1時間38分20秒で走ってしまったために
35キロあたりで失速してしまう、ってことになる。

このヘンのペースの上げ下げは実にデリケートなのだ。
距離が長いから大雑把に、アバウトに考えられがちだけれど。

因みに1キロ=4分58秒のペースでフルを走りきると3時間30分だ。

------------
膝はほんの少~しだけ痛い。忘れている程度に。
ちょっと自転車に乗った。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-12-06 23:59 | runネタ

西高東低

昨日の夜半、かなり強い雨が降った。
昼間の雨が一度止んで、星が出たのに。
昼の雨は温暖前線、夜中は寒冷前線だな。

暖気が冷気に乗っかってくる温暖前線に比べ
冷気が暖気の下に入り込む寒冷前線は
上昇気流が激しくなるので雨も強くなる
なんてことを中学の理科で習ったっけ。

そして、今朝。澄み渡った空。
冷え込みは先週水曜の朝より格段に厳しい。

なぜか、今朝も起きてから会社まで、
それに昼くらいまで膝が痛くなかった。
昼になったら、少し痛みを感じるようになったが。
先週の水曜日と同じだ。
どうやら西高東低の朝は、機嫌がよいらしい。

ランニング日和ではあったのだけど
まだしばらくは走れないなぁ、
せっかく朝は痛みがなかったけど。
安静をつづけているとナマっちまうんだよね~。
でも壊れてしまうのはもっとまずい。
コワレモノ は頭だけでよい。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-12-05 19:37 | 天候ネタ

走ってなにが面白い?

走るという行為そのものはクソ面白くもなんともないと思う。
しかし、走ってみると面白いことはある。

友人Mと「つくばマラソンに出よう」ってことになった1カ月後、
初練習で皇居1周=5キロを走った(2001年6月アタマ)。
38分かかって、もう一歩も動きたくない、というほど疲れた。
こんなんで42.195キロが走れるようになるのか?
と思ったけど、半年練習したら走れるようになった。

2回目の練習では、皇居1周が30分で少しは余力も残した。
徐々に距離も延ばして、10月には8周できるようになった。

世の中、いくら努力をしても報われないことが多い。
しかし、長距離走は努力が必ず成果となって現われる。
グングンと成長して行くのを実感できるというあたりにも
僕は結構、面白みを感じた。
                         
* * *
今日は雨だった。
しばらくは安静と思っているので、
せっかくの日曜日が雨でもそれほどがっかりしない。
膝はほとんど痛くない、けど違和感が残っている。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-12-04 20:18 | runネタ

一進一退

んんん~ん、今日は朝からちょっと膝が痛い。
しばらくは走らずに、痛みがなくなるのを待とう。
たまたまタイミング的に、例のサプリメント:
グルコサミン+コンドロイチン+MSM
が1ビンなくなって、次のものにしなくちゃならず
既に買い置きしてあったヤツを開けたところ。
(ドージン推薦のオリヒロではない)
今度のヤツのほうが効き目があるかも...
な~んて淡い期待もしつつ。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-12-03 18:06 | runネタ

Qちゃんの快走

高橋尚子選手が11月20日の東京女子国際マラソンで快走した。
ゴールの国立競技場には大観衆が詰めかけていた。
f0007802_23121977.jpgそれだけ、期待するファンが多かったのだ。
彼女は見事にその期待に応えた。

やはり、彼女にはアテネ五輪で走って欲しかったと思う。
野口みずき選手も立派だったけど、高橋選手には2連覇の可能性があっただけに彼女の不出場は悔やまれる。
北京五輪など、今後の活躍に期待するけれど、アテネの頃が彼女の競技人生の中ではピークだったのではないだろうか。失われた時は、もう二度と帰らない。
陸連とか、日本のスポーツ団体の上層部にはバカが多いのに腹が立つ。

それでも、2年前のあの挫折があったからこそ、今の自分があるのだ、という高橋選手の態度に大きな拍手を送りたい。
             (Qちゃんとは言葉を交わして握手もしたことがあるGenGです、ムフフ)

今日の膝の調子、朝起きたときは痛みなし、昼ごろから“うっすら”と痛む。大事をとって、今日は走らないことにした。深夜の仕事で眠かったので、午睡をしたら痛みがない。やはり安静が効くのだな。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-12-02 23:43 | runネタ

まるで別人

2003年秋の自分と2005年秋の自分...
「走る」ということに関してはまるで別人のように違う。
あの時は1キロ5分のペースで40キロ走れるチカラがあった。
今年の大町アルプスマラソン、ハーフに出たのだが...
1キロ6分のペースさえキープできず、ヨレヨレだった。
夏前までの膝痛、練習再開を期した9月アタマでの腰の故障、
練習が全然できていなかった。
長い距離を走れるカラダってのは、時間をかけて作らないとできない
と、つくづく感じた。20キロは10キロの2倍だけど、
体力的には2倍あればよいってモンじゃぁない。
ハーフマラソンを走り終わって、「もう1回走って来い」って言われて
平然と走れるようでなきゃフルマラソンを走れない。
距離が伸びれば伸びるほど、先のほうで辛いのだ。
今のGenGにフルを走るチカラはない。
んでも、一度は走れたのだから、また走れるようになる...
...だろう、地道に練習すれば。
(しかし、あん時は57歳...来年は60歳。経年劣化がどれくらいかなぁ?
これも先へ行けば行くほど、辛いんだろうね。どれほどかは分からんが)

きょうはテニスを1時間半ばかりやった(木曜定例)。
んでも、膝がちょっと痛い。ヤバイかな?
[PR]
# by gggggen3 | 2005-12-01 21:42 | runネタ

晴天の朝

ピーンと張ったような冷たい空気、そして晴れ渡った空。
これですよ、これ。冬型、西高東低の日の東京の朝です。
夜中まで翻訳していたために脳みそはモヤモヤだけど、
通勤の地下鉄駅までの道、冷たい耳が嬉しいGenGなのだ。
もうじき、スキーが出来ると思うと心がはずむ。
ん!?
そして、何故か...昨日痛かった膝が痛くない。

昨日、歯医者に行ったら、歯槽膿漏の治療だとかで
麻酔をされて歯茎にザックリとメスを入れられた。
処方されたボルタレンを家に帰って服用。
夜、遅くにまた歯茎が痛み出したのでもう1錠。
ボルタレンを飲むと膝も痛くなくなるかな、
と期待したのだが、そん時はまだ膝の痛みが残っていた。
でも、今朝になって痛みがないってことは
消炎鎮痛剤の消炎のほうの作用が効いたのかな?

脳みそはモヤモヤのままだったけど、晴れやかな気分になった。
会社に着いたら、東京タワーの向こうに白い富士山が見えていた。

いやぁ、それにしても膝の痛みが取れたのは助かった。
マラソン出走のための1年計画を始めたばかりで挫折じゃつまらん。
こうして、そのためのブログまで開設したのだし。
歯医者が出してくれたボルタレンはまだ何錠も残っている。
再発したら、またボルタレン攻撃をかけてみよう。

で、朝がすっきりだったワリに、昼ごろから膝にちょっと痛みが。
ジワーっと、遠い感じの痛みなので生活上は気にならない程度。
しかし、市民ランナーとしては深刻だ。まだ治っちゃいないのだから。

ホントは水曜日を練習日とするつもりでいた。「疲れる」練習をやる日だ。
もちろん、昨日の今日だから、走ろうとは思わない。
朝のままの状態で、痛みが全くなくても今日は走らんでしょう。
不安が消えるまでは、走らずに自転車に乗ることにしよう。

と、言うわけで今から神田までひとっ走りだ。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-11-30 18:06 | runネタ

は...早くもピンチ?

う~む、参った。今日は膝が痛い。
この膝痛で2004年は棒に振ってしまったのだ。
今年の春、ヒゲヅラのK氏が「膝痛なら
コンドロイチン+グルコサミン+MSMですよ」
と勧めてくれたばかりか、なんとご親切にも
米國から買って来てくれた。それを使い切ってからは
日本で出回っているのを買って飲んでいる。
効果は6月末くらいから出てきて、
このところ、ずっと調子はよかったのだ。
ときどき、ちょっと痛みを感じることはあるのだが。

“gonarthrosis”っつうんですかねぇ、これは。
日本語訳は「変形性膝関節症」...
変形性というと、なんか歪んじゃったみたいでコワイけど
要するに擦り減っているのですな、軟骨とかが。
このトシになると多いのですよ、こういうのは。

せっかく、調子がよかったのにこれではねぇ。
今使用しているサプリメントが前のヤツより質が悪いのか?
K氏が米国で買ってきたネイチャー・メイドは、
日本で同じものを発売していないんだよねぇ。
で、次にウィダーの「ムーブ・フリー」というのにした。
これはよく効いたような気がする。
そいつが売り切れだったので、別のを買ったのだ。
これが多分、ダメだったのだろう...
そうであるとよいなぁ...それなら解決可能だから。

そんな問題ではないとなると厄介だ。
アルビレックスのチームドクターにでも相談するか、
今度会ったときに。

んなわけで、今日は軽く走るのも止めておこう。
走ると痛くなるってワケじゃないのだけれど
悪化させちまう恐れがあるからねぇ。
そもそも、ランニングなんてもんはカラダに悪いのさ。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-11-29 14:04 | runネタ

「走る」を生活習慣に

練習日には練習する、そうでない日はよく休む...
こういうメリハリが大切だ。
筋肉に毎日々々大きな負荷をかけても
細胞が壊れていくばかりだ。
激しい練習で1回、細胞をブチ壊す。
(筋肉痛は細胞が壊れたために痛いのだ、そうだ)
壊れた細胞が復活するときに成長するらしい。
この復元の時間をカラダに与えねば。
で、復元を待って、そん時にまた壊す。
というわけで練習日は中2日とか中3日置く。

これとは別に、生活にランニングを組み込む
ということを考えております。
普通に通勤したり、仕事したりという毎日の生活、
その中にランニングも入れてしまおう、というのだ。
自転車通勤している人やランニング通勤している人って
いますよね。あれですよ、あれ。
でも、僕は電車通勤から切り替える根性はないので、
その代わりに「家に帰ったら、ちょっとだけ走る」
というのを生活習慣にしようと思うのです。

家に帰ると服を着替えるけど、
そん時にランニングウエアを着てしまう。で、走る。
そういうクセをつければ、続けられそうな気がする。
雨の日とか、深夜の帰宅(朝帰り、も?)は別にして。
そんなことを先週思いついて、始めてみました。

そんなわけで、今日も20分くらい走ってきました。

これは、練習日の練習ではないのだから
疲れたり、疲れを溜めたりしちゃぁいけないのだ。
軽~く、負担にならぬ程度にしておくのがミソ。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-11-28 17:19 | runネタ

壱岐坂、富坂、播磨坂

家の近くを走るときのコースはほぼ3つに決まっている。
それぞれ、長い上り坂がある。壱岐坂、富坂、播磨坂だ。
で、坂の名前をコースの名にしている。
壱岐坂コースが最も長くて8・5キロくらいだと思う。
自宅から後楽園、本郷、上富士前、駕篭町と回って帰る。
播磨坂コースが最短で3キロほど。
共同印刷から清水谷、茗荷谷を回って帰る。
富坂コースは距離がその間の5キロ程度。
蒟蒻閻魔、伝通院、茗荷谷を回って帰る。

今日は、壱岐坂コース+播磨坂コースを走った。
1時間05分33秒(48分54秒+16分35秒)
まあまあ、それなりに身体が動いた。
そして疲れた。

この疲れる、というのが練習として重要だ。
疲れが取れたとき、力がアップすると言われている(超回復)。
疲れが取れるまでには72時間を要するという。
しかし、僕のトシでは、もう少し時間がかかりそうだ。
次の練習は、72時間以上経った後にやるのだ。

壱岐坂コースの途中で気持ちがいいのは
東大の赤門から農学部にかけてのあたりだ。
イチョウの並木で、舗装がよい。
ここのイチョウはまだ黄葉が進んでいなかった。
共同印刷のあたりのイチョウはすっかり黄色で落ち葉も多い。
種類がちょっと違うのだろうか。

今日は「つくばマラソン」だった。
つくばマラソンの途中で、とても綺麗なイチョウの黄葉がある。
果たして来年は、あれを愛でることができるだろうか。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-11-27 16:50 | runネタ

2005年11月26日は

若者もすなるといふブログをおやじもしてみむとてするなり。
と、まあわたくしGenGもブロガーの仲間入りです。

今日2005年11月26日は何の日かというと.....
2006年11月26日のちょうど1年前に当たる日。
2006年11月26日ってのは何の日かというと.....
第26回つくばマラソンが開かれるはずの日。
GenGは、この大会に出ようと目論んでおります。
そのために、今から取り組もうとしております。
この「走れGenG」は、その取り組みを綴るものです。

まあ、興味がある人はご覧になって
ときどきはコメントにて茶々を入れて下さい。
[PR]
# by gggggen3 | 2005-11-26 18:37 | runネタ

浴槽水中写真

f0007802_23212956.jpg

[PR]
# by gggggen3 | 2001-01-01 23:19



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新の記事
復調に向けて
at 2016-09-25 21:07
蚕糸の森公園
at 2016-07-18 17:30
朝ランニング7/10
at 2016-07-10 09:23
ちょろっとランニング
at 2016-07-03 23:25
ダッカ
at 2016-07-03 18:27
7月2日
at 2016-07-02 10:18
アフター ファイブサーティー
at 2016-06-30 23:19
ゆるっとテニスなぞ
at 2016-06-27 21:43
ブログ更新
at 2016-06-27 15:58
夏が来る前に
at 2016-06-26 13:06
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism