走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

タグ:タイ ( 8 ) タグの人気記事

バンコク最後の夜

って、タイツアーから帰ってもう1カ月以上も経ってしまったのに、当ブログでのレポートはまだ終わってませんでした。
帰ってすぐにサクサクとupすりゃぁよかったんですがねぇ。
いまさら、という感じもするわけですけれど、やっぱフィニッシュしておきたいので、恥ずかしながら最後の晩のことを書いておきます。
主要イベントも終わり、観光も終わり、ナカミ的にもつけ足しみたいなもんですけど。

で、僕のこの夜の計画は・・・
パッポン!と決めていたのでした。
歌舞伎町のようなところ。
最近はちょっと落ちぶれたらしく、ガイドブックなどでは「お勧めしない」とまで書かれたりもしているのですが20年ほど前にバンコクを頻繁に訪れていたときはいつもパッポン周辺をウロウロしていたのでした。
白人客が多いパッポンそのものよりはパッポン近くのスラウォンとかシーロムをほっつきあるいて、日本人街のタニヤもちょろっと覗いたりって感じでした。
スラウォンのカラオケバーには「ゲンさんボトル」と呼ばれるシーバスがキープされていて、たまたま空にしちゃった人が補充するってことで数年に渡るボトルキープが続いたりもしてたのでした。
そのお店が今もあるのか、僕らが遊び歩いた痕跡は微塵も残っていないのか・・・そんなことを思って、最後の晩はあの辺りに行く気だったのです。
で、思い出に浸って海鮮料理屋で蟹と春雨の土鍋蒸しプーオップウンセンを食べて、屋台的な店でTシャツを買い漁るってつもりでした。

ところが、この計画は実現しませんでした。
去年の8月に出来たばかりの新しいショッピングモールAsiatiqueで数時間を過ごしてしまったので。
訪問したお寺からアユタヤ観光を経てバンコクに戻った僕らのバスはAsiatiqueに直行。
ここにはメシ屋やおみやげ屋やエステやニューハーフのショウをやっているシアターなんぞが入っておりまして、オプショナルツアーでここのショウに行く人が4、5人いて、あとはこのAsiatiqueでフリータイムにした人が多数おりまして、ここに行く計画でないのは現地の協力者との打ち上げに行く真代さん、澤井さんと、パッポン行きを企む僕の3人だけ。
で、バスは取り敢えずこのAsiatiqueに乗りつけたのでした。
f0007802_0394666.jpg
f0007802_0423266.jpg
ほんでもって、ここで解散。
f0007802_054327.jpg
すき屋でメシにするシアター組、サクっとショッピングに行くももちゃんたち、エステに行く姐さんがた。
で、僕はモーサイっちゅうのか、オートバイタクシーでパッポンに行こうと思っていたのですが・・・ふと見ると雑貨屋さんとか、なかなかいいもの売ってるじゃぁないですかぁ。
f0007802_0511391.jpg
ここでちょっとのつもりでショッピングをしていたら、どんどん時間は経つわ...エステを終わったゴーマちゃんに会って、ユリちゃんがエステの後にドクターフィッシュやってるってぇんで、冷やかしに行ったり。
f0007802_162683.jpg
さらにルミちゃんとも遭遇。
f0007802_184120.jpg
そしてカオマンガイを食べる一団を発見、合流してメシにすることに。
f0007802_110581.jpg
この時点でプーオップウンセンを食べるってのはギブアップ。
参考までにプーオップウンセンてのはこんな感じ(参考写真)。
f0007802_1133593.jpg
んでも、ここで食べたカオマンガイが美味しかったからよしとせねば。
f0007802_1151124.jpg
そう言えば、真代さんがカオマンガイを食べたいって言ってましたなぁ。
このカオマンガイ、美味かったし、みんなで食べるってのが楽しかったぁ。
pandaさんの味覚もかなり回復したようで「このタレはちょっと甘すぎるからパス」なんてぇ発言も飛び出すし、ビールも召し上がるし。
f0007802_118858.jpg
いやぁ、よかったっす。
で、食べた後も買い物。
食料品店でお菓子を大人買いしたり。
f0007802_1195810.jpg
んなわけで、ショウが終わってみんなが合流、貸切バスにご一緒させていただいてホテルに帰ったのでした。
パッポンには行かなかったけれど、楽しかったんだから悔いなし。

後から得た情報によると、真代さんは打ち上げでパッポン方面の海鮮屋だったそうで、しかもプーオップウンセンを召し上がったとのこと、ちょうど僕と入れ替わってしまいました、晩メシ的には。
いや、きっとプーオップウンセンは美味かったことでしょう。

さて、ホテルに帰った後に礼子さん、ルミちゃんとセブンイレブンでさらに買い物。
その結果、僕の荷作りはこんな感じになりました。
f0007802_1291139.jpg
3泊4日のツアーとは言え初日と最終日は飛行機に乗ってるだけなので正味は土日の2日間。
あっという間でほんとに短かったけれど、楽しかったぁ。
また、いずれ行きたいもんです。
さて、今回のツアーの様子を参加メンバーの二木さんがいっぱい写真に撮って、それをダイジェストとして編集してYouTubeにupしております。
そいつを最後に貼り付けちゃいます。

[PR]
by gggggen3 | 2013-03-02 01:40 | 旅ネタ

タイ3日目午後 アユタヤ観光

孤児院を訪ねた後は観光。
まず訪れたのはWat Yai Chai Mongkon。
f0007802_21242598.jpg
f0007802_21242789.jpg
本堂の階段を登ると…
f0007802_21242814.jpg
いくつかの仏像がありまして…
f0007802_2124303.jpg
そこで売っている金箔を仏像に貼り付けて功徳を積みます。
f0007802_21243133.jpg
僕も金箔を貼りながら願をかけたのでした。
このお寺では、狛犬でなく狛豚がおりました。
f0007802_2124325.jpg
次に行ったのはアユタヤ遺跡の中心をなすWat Rachaburana。
ちょうど禁煙キャンペーンの一団と遭遇、セントくんに似た一団のキャラクターと記念写真。
f0007802_21243441.jpg
キャンペーン隊からは禁煙ステッカーをいただきました。
f0007802_21243585.jpg
アユタヤの遺跡、往時は金ピカだったりもしたのでしょうが、今は地味な瓦礫の堆積という感じ。
f0007802_21243643.jpg
f0007802_21243854.jpg
f0007802_21244136.jpg
f0007802_21244289.jpg
f0007802_21244321.jpg
前回のツアーで訪れたアンコールが凄すぎたので、一抹の寂しさがあります。
でも、仲間と一緒に見て回ると、自ずと盛り上がっちゃいます。
f0007802_21244573.jpg
そして、次は象。
乗る前に記念撮影(有料)。
f0007802_21244643.jpg
f0007802_21244759.jpg
そしてライド。
f0007802_21244958.jpg
f0007802_21245012.jpg
f0007802_21245292.jpg
タイ観光の基本ですな。
ところで、折り返し地点でなにやらモタついてると思ったらチップの要求でした。
象くんが鼻で回収します。
f0007802_21245352.jpg
チップの習慣がないわれわれは少し抵抗を感じるところ。
チップをよこさないと戻らないぞ、という象使いの態度もどうなんだろ。
なんなら、いつまでも帰らなくていいぞ、と突っぱねるテもないことはありませんが、ここは穏便に。
彼らも、もっとフレンドリーな感じでやりゃいいのにねぇ。
金額からすると、お一人様20バーツ程度だから僕らもケチっちゃあいけません。
タイではケチがいちばんいけません。
最後に訪れたのはWat Mahathat。
f0007802_21245566.jpg
f0007802_21245627.jpg
f0007802_21245762.jpg
f0007802_21245891.jpg
いやぁ、楽しい。
f0007802_2125050.jpg
何気なく盛り上がりました。
f0007802_2125188.jpg
本堂の階段を登る人影…。
f0007802_2125298.jpg
何を願うのか…。
f0007802_2125383.jpg
きっとご利益があるでしょう。
f0007802_2125589.jpg
ここに残るワンコにも幸あれ。
[PR]
by gggggen3 | 2013-02-11 20:38 | 旅ネタ

タイreport番外編

アユタヤのワット・ナンチャーラ(ホントはワット・ラチャブラーナ)の売店。
f0007802_1454321.jpg
後ろの冷蔵庫がイケてます。

餃子は売ってる様子ありませんでしたが。
[PR]
by gggggen3 | 2013-02-11 14:42 | 旅ネタ

タイ3日目 午前〜昼

今日の午前中が今回のツアーのメイン・イベント、子ども達への楽器の贈呈です。
訪問先はバンコクから北に90キロほど行ったアントンにあるサケオ寺。
f0007802_20365784.jpg
このお寺では150人の孤児が暮らしています。
その子たちにリコーダーと鍵盤ハーモニカを届けます。
はい、まずはご対面。
f0007802_20365774.jpg
んで、われわれの歌を披露して。
次に楽器を渡して、ワークショップ。
f0007802_20365844.jpg
鍵盤ハーモニカは年齢の高い子どもら。
f0007802_20365939.jpg
パーカス(ペットボトルを使ったシェーカー)は小さい子たち。
f0007802_20365976.jpg
あとは歌組にリコーダー組。
f0007802_2037045.jpg
f0007802_2037138.jpg
短い時間したが、上手にキラキラ星の合奏ができるようになりました。
キラキラ星合奏の後、子ども達にChang(象)を歌ってもらい、僕らも一緒に歌いました。

この後、ここでお昼をゴチに。
f0007802_2037853.jpg
f0007802_2037276.jpg
f0007802_2037235.jpg
とっても美味しく、しかも腹一杯食べました。
こんなにご馳走になるなんて、寄付金を持って来たとは言え、いや、寄付しているからこそ、ちょっと勿体ない気がしました。
もっと粗食でよいのに。
量も、余るほどサーブされました。
満腹。
食事の後に贈呈式。
f0007802_2037932.jpg
子ども達が感謝の気持ちを込めて歌を歌ってくれました。

この子ども達は将来どんな道を進むのだろう。
f0007802_2037107.jpg
お寺からも団に記念品が。
f0007802_2037975.jpg
そしてゴーマちゃん持参の風船もプレゼント。

こうして、ツアーの主目的が無事に果たされたのでした。
f0007802_20371116.jpg
お寺にはタイ国内の他の団体もバスでドーネーションにやって来ていました。
功徳を積むことが人々の大きな関心事であるタイらしい光景です。
他団体の人々も、ここでお昼をご馳走になっていました。
f0007802_20371131.jpg
お寺を後にするバスの中で思ったこと。
団として小乗仏教的に功徳を積むことができたと思いますが、僕個人はなんにも役に立つようなことをしてません。
このお寺も、再訪することがあるのかどうか…。
[PR]
by gggggen3 | 2013-02-06 22:50 | 旅ネタ

バンコク2日目 午後〜夜

1月26日午後はインペリアルクイーンズパークホテルでチャリティコンサート。
f0007802_2357349.jpg
孤児たちに楽器を届けるだけでなく、資金的にも支援するってことで、そのファンド・レイジングのための企画です。
バンコク在住の日本人の方々の協力があってこそできること。
そして、コンサートはバンコク在住日本人のミュージシャンも出演したのでした。
子供たちも踊ったし。
今回、金沢からツアーに参加した大乗さんはこのコンサートのピアノ調律が一つの目的にもなってたし。
f0007802_2357386.jpg
しかし、朝のスタートが遅れた上に、ウィークエンドマーケットの魔界から抜け出すのにも時間を取られた僕は大幅に遅刻、子供たちの踊りも見逃してしまいました。
僕が聴いたのは平安桜から。
中津川で聴いて以来8か月ぶり。
あの小さなオカリナでこんなに迫力のある演奏が出来ちゃうんですねぇ。
そしてCOCORO*CO。
f0007802_235742.jpg
相変わらずの迫力。
それに、観客参加型のCall & response。
バンコクの観客を魅了しました。
(バンコクでライブを、というリクエストが殺到しているみたいです)。
COCORO*COの素晴らしさを堪能してもらうには、あまりにも短いステージだったので、ほんとに単独ライブでもやらねば。
そして真代さん。
f0007802_235748.jpg
もちろん「飛んでイスタンブール」も歌ったのでした。
なぜか日本からツアー参加のご一行も紹介されてステージに上がり、施設で子ども達を前に歌うことになっているThis Little Light of Mineを歌ったのでした。
それと、最後に客席も一緒に「翼を下さい」を大合唱。
コンサートのチケット売り上げやチャリティオークションで5万バーツ以上の収益があり、楽器と一緒に施設に持って行く支援金に繰り入れられました。
めでたし。
そして、コンサートの打ち上げ。
f0007802_23571147.jpg
ラープペットプラムカウと読むんだそうですが、庶民的な野外レストラン。
f0007802_23571194.jpg
f0007802_23571156.jpg
いい感じです。
f0007802_23571216.jpg
f0007802_23571395.jpg
そして、お料理の数々。
f0007802_23571320.jpg
f0007802_23571446.jpg
f0007802_23571464.jpg
f0007802_23571510.jpg
f0007802_23571692.jpg
f0007802_23571727.jpg
f0007802_2357178.jpg
f0007802_235718100.jpg
美味いっす。
アロイマークっす。
さらに、お鍋。
f0007802_23571862.jpg
お鍋の具。
f0007802_235719100.jpg
f0007802_23572065.jpg
このお鍋は絶品。pandaさんの味覚も、美味いもんを検知し始めました。
f0007802_23572187.jpg
こうしてバンコクの夜は更けて行くのでした。
ああ、美味しかった。
[PR]
by gggggen3 | 2013-01-29 22:43 | 旅ネタ

バンコク2nd day昼

自由行動の行き先に選んだのはChatuchakのウィークエンドマーケット。
1981年春に僕がハノイ貿易大学の日本語教師に赴任するときにバンコクでお世話になった大学時代の同僚の家の飼い犬が当時のサンデーマーケットで買ってきたことから“サンデー”という名で、何となくサンデーマーケットに親近感を感じていたのと、テレビの仕事をしていた頃に2回ほどこのマーケットを訪れていて、うち1回は後にイラクで死んだ橋田信介さんと一緒だったってメランコリックな思い出もあったりしたので。
で、ラムカムヘン駅に11時ちょい前に行ったところ、ちょうど電車が来るところ。
しかし、キップの買い方が分からず。
f0007802_22425344.jpg
だもんで、すぐに来た電車には乗れず、次の電車まですごく待たされました。
f0007802_22425539.jpg
さんざん待たされてこの電車に乗り込むちょい前に真代さんと遭遇。
この写真でオレンジのポロシャツ姿が真代さん。
コンサート会場に向かう真代さんは1駅で地下鉄に乗り換え、僕は終点のPhaya Thai駅へ。
f0007802_22425715.jpg
ここで高架線のBTSに乗り換え。
f0007802_22425976.jpg
f0007802_2243062.jpg
マーケットは終点のMorchitモーチットからもうちっとのところ。
f0007802_2243110.jpg
この屋根の下がマーケットですが、写っているのはほんの一部、全体は…地図で見ると
f0007802_2243381.jpg
こんなで、ほんとに広大です。
そして屋根の下は店が無秩序に並んでいます。
f0007802_2243551.jpg
何をどこで買うかはテキトーに歩いて、欲しいものに偶然出会えるのを期待するしかありません。
僕は自分が欲しいウェストバッグをまず探し回り、次に子供用のTシャツを購入。
f0007802_2243743.jpg
ほかに、こんなもんも買っちゃいました。

そして、腹が減ったので昼メシに。
f0007802_224392.jpg
こんなところで、
f0007802_22431181.jpg
このおばちゃんが作っているPork Leg Riceにしてみました。
f0007802_22431247.jpg
なかなか美味かったぁ。
そしてBTSをAsokeまで乗って、コンサート会場に馳せ参じたのでした。
f0007802_22431466.jpg

[PR]
by gggggen3 | 2013-01-28 21:15 | 旅ネタ

バンコク2nd day朝

今日は午前中のオプショナルツアー三大寺院巡りをパスしているので朝から昼過ぎまで自由時間。
で、朝飯前にジョギングに出たのでした。
都会を抜け出そうと北に向かったものの、郊外は遥か彼方らしいので、大通りから離れて住宅地へ。
f0007802_22445423.jpg
空き地にワンコがいたりして…。
f0007802_22445626.jpg
高〜いところから吠えるワンコもいたりして。
f0007802_22445776.jpg
バンコク市内では見掛けることが少ないニャンコもいたりして。
f0007802_22445916.jpg
運河があって水上バスの乗り場になってたりして。
f0007802_2245196.jpg
ん、待て待て、ホテルの方向に戻ろうとしているのに、来るときはこんな運河はなかったぞ。
自分の位置からホテルの間にないはずの運河があるということは、自分が向かっているのがホテルの方向ではないってこと。
で、大通りに出てローンレムNasa Vegasユーティナイカップと尋ねたら思っていたのとは違う方でした。
ま、それでスンナリとホテルに戻れたのでヨカッタぁ。
ダメもとと思ってiPhoneのRuntasticというジョギングなど記録ソフトを起動して走ったところ、ちゃーんとGPSが作動していて、地図上に走った足跡が記録されていて、どこでどうして方向感覚を失ったのかがよくわかりました。
そして、走行距離は8キロ。走った時間はネット48分、グロス1時間でした。
いい汗かきました。
でシャワーを浴びて朝メシ。
f0007802_22453100.jpg
ビュッフェ式朝食の中でセンヤイだけを食べたのでした。
たまたま真代さんが一人で朝食だったので同席、長々と話し込みました。
旅に出るまでのエージェントとのやり取りとか‥かなり危機的な事態があったようです。
で、ゆっくりした朝食をして、その後、ゆっくり自由行動に出掛けたのでした。
[PR]
by gggggen3 | 2013-01-27 08:20 | 旅ネタ

バンコク第一夜

台北で飛行機を乗り継いでバンコクにやってきました。
ホテルにチェックイン後、総勢11人でOnce Upon A Timeに晩メシを食べに行くことに。
トゥクトゥクよりデカい小型トラックタクシーに乗って、道を知らない運転手さんは何度も道を聞きながらお店を目指したのですが、市の中心部には乗り入れ許可がないからと、途中で降りねばならないハメに。
f0007802_413866.jpg
乗り継ぎのタクシー確保も難航して、ハラハラドキドキのアドベンチャー。
やっとのことで店集合できたときはホっとしたのでした。
f0007802_414518.jpg
f0007802_415098.jpg
ほかのお客はほんの数人、静かに亜落ち着いて美味いもんを腹一杯食べたのでした。
いやぁ、ちょい苦労してここまで食べにきた甲斐がありました。
[PR]
by gggggen3 | 2013-01-26 03:33 | 旅ネタ



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
復調に向けて
at 2016-09-25 21:07
蚕糸の森公園
at 2016-07-18 17:30
朝ランニング7/10
at 2016-07-10 09:23
ちょろっとランニング
at 2016-07-03 23:25
ダッカ
at 2016-07-03 18:27
7月2日
at 2016-07-02 10:18
アフター ファイブサーティー
at 2016-06-30 23:19
ゆるっとテニスなぞ
at 2016-06-27 21:43
ブログ更新
at 2016-06-27 15:58
夏が来る前に
at 2016-06-26 13:06
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism