走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

タグ:モーグル ( 9 ) タグの人気記事

浜名湖クォーターマラソン

今年は結局実施が見送られてしまった浜名湖クォーターマラソンでしたが、
なんと、昨日、来年の実施要項と申込書が送られてきました。
わぁ~い、なんて喜び勇んで開封したのですが...
な、なんと4月8日(日)だって!!!!

完璧にかぶってしまったではないですかぁ、残念。
4月8日は年間で最大のイベント・・・SM大会です。

























あ、ご存知ない方はSM大会というとSとMの大会だと思われるでしょうね。
ある意味、正解!
















でも、正式名は「八方尾根スーパーモーグルカップ」です。


f0007802_11102568.jpgf0007802_11234541.jpg

写真の出所は八方尾根オフィシャルサイト|イベント|昨年の様子
実は濃霧で途中で打ち切りになってしまったのですが・・・

[PR]
by gggggen3 | 2006-12-15 11:19 | runネタ

白馬でスキー映画撮影!

本日のサンスポと日刊スポーツにスキー映画の製作発表が行われました。
「銀色のシーズン」
監督は「海猿」の羽住監督です。
どんな映画になるか、楽しみですね~。
この映画、白馬で撮影だそうです。
記事はこちら:
サンスポ.com
日刊スポーツ.com
特設モーグルコースを作って撮影するというから、そのコースを滑らせていただきたいものですなぁ、デラがけとかコース整備や維持に協力しますからぁ。

***
早くも話題沸騰!
テクノラティというブログ検索エンジンで「スキー映画」をキーワードに検索してみたところ...
12月9日だけでこの話題を取り上げているブログ記事が
じゃ~ん既に20件あります。
当ブログのこの記事のほか、当ブログでリンクしている「深呼吸」「のうたりんな日々」もこの中に含まれていますが、映画ファンのリアクションが早かったですねぇ。一番早いのは9日の6時46分に、もうこの話題を取り上げています。これですよ、これ。スキーが好きだという同好の身内だけでなく、広く話題になるというこの社会的影響力。
ドカーンと一発きましたねぇ。

(テクノラティに登録されてないブログには、もっと沢山取り上げられているかも知れませんね。少なくともtakaさんのブログは僕より早くこの話題を取り上げてます。)
[PR]
by gggggen3 | 2006-12-09 20:23 | 特ダネ

また来年

スキーシーズン最大のイベント「八方スーパーモーグルカップ」.....
僕ら的には、もう前の日から気合入っておりまして、当日朝もワクワク。
降り続いた雪も止んだのだけど、下から見る山は雲の中。

午前7時にゴンドラ下で受付を済ませ
7時半のゴンドラ営業開始とともに兎平に上がるも、視界不良。

霧の中、スクールの先生方が大会バーンに積もった雪を踏み下ろし、
エア台の掘り起こしとかシェープとかが出来たのが10時近く。
インスペクション1本滑ったところで開会式。

f0007802_2264725.jpgインスペだけで、公トレをちゃんと出来なかったのだけど
テロテロとグサグサの入り混じったバーンでときどき足を取られるものの
僕なりにいい感じで滑ることができた。去年よりも不安感がない。

で、競技開始を待つものの、視界は一向に晴れずウェイティングが続く。

f0007802_2124357.jpg





ようやく昼過ぎにガスの切れ目がやってきて
午後1時に前走スタート
つづいて女子予選。
ビブ7番のめぐみんが滑った後に、また視界不良で長~い中断。
再開されてビブ10番のMayuが滑っている間にまた霧が.....(右の写真)。
結局この後、競技再開不能...仮に再開したとしてもリフト営業時間中に終われないというタイムリミットを越えてしまったため、大会キャンセルになってしまった。まあ、仕方がないネェ。見えなくては競技にならんのだから。

f0007802_218115.jpgしかし、皮肉なもので大会中止が決まった後になってすっきりと晴れ上がった。
選手にコースオープンされた大会バーンを2本滑った。
2本とも1エアのランディングの処理がうまく行かず、というかランディングでスピードが速すぎて急ブレーキを掛けなきゃならず、きれいに通すことができなかった。
やはり課題はランディングですなぁ。いや、むしろランディングがうまく行かないような踏み切りに問題があるのかも知れないけれど。
いずれにしてもエア台まわりをちゃんとしなくちゃぁ。サッツ、ワザ、着地...ここがうまく出来るようになると、僕のモーグルごっこはいかにもモーグルらしくなるだろう。

大会が中止になったので豪華賞品は抽選会に回された。
ビブ番号での抽選会...来ました男子63番が2人目の当選者。
なにやら一番ビッグそうに見えたバッグをゲットした。
IDoneのW-Cupなんちゃらラゲージというシロモノだった。
まあ、バッグならIDoneでもいいのかな、スキーの板ほど性能にこだわる必要がないからねぇ。しかし、スキーメーカーとしては魂がなくなってしまっているところのバッグ、まバッグに魂はいらねぇけど使うかどうかは微妙。誰か、欲しい人いる?
それにしても、大会にエントリーして手ぶらで帰ることは滅多にない僕、今回もビッグな賞品を頂戴しました。
[PR]
by gggggen3 | 2006-04-09 23:58 | 雪ネタ

Jam Mogul Series 第3戦

26日はスキージャム勝山のモーグルシリーズ第3戦でした。f0007802_055258.jpg
今回は参加者65名と大盛況。
リュウくん、クロちゃん、ドージン、ハタボー、TOMや金沢のカサちゃんが参加、仲間うちでも大いに盛り上がりました。
59歳の僕と高野さん、63歳の嶋田先生も今回は堂々のオープンクラス参戦。

f0007802_181739.jpg








大会を盛り上げた、ビッグなパーフォーマンスは氏=師のデモ滑走。
なんと、左足1本しかスキーを履かずにコブコブを滑り、さらに2回目は第1エア「ダフィー」、第2エア「サブロク」をいとも簡単に決めたのでした。
やはり、スーパーというか、常人ではない。f0007802_118879.jpg

そして、最後に滑ってきたのは....

おっとっと  ↓f0007802_1213787.jpg













やはり「あの人」

f0007802_125432.jpg

今回もキッチリと決めてくれました。

男子オープンクラスの競技の結果は優勝者が16歳、2位が18歳、3位が14歳と若年層が表彰台を独占。

彼らにとって、この大会が世界にはばたく出発点となってくれることを期待したいものです。
←こういうおじさんたちは、もう終わってますから...僕も含めて。
[PR]
by gggggen3 | 2006-03-26 00:00 | 雪ネタ

R3のモーグル大会

今日はHakuba47スキー場のルート3で開かれたモーグル大会に参加しました。
f0007802_012798.jpg

開会式の前までは、上の写真のように天気も悪くなかったのですが...
競技が開始されて間もなく雪&風。
僕のスタートの順番が来たときには吹雪きで視界不良になって一時待機。
待機している内に「スリー・トゥー(ワン・ゴー)」のスタート合図が出ちゃって
泡喰ってスタートしたら1ターン目で早くも失敗、
立て直してからは、まあ何とか滑り切ったものの、後から思えばちょっと悔しい。
だってMCは「スリー・トゥー・・・」のカウントダウンをする前に
「アーユーレディ?」の声を掛けていたはず。
そいつが聞こえなかった僕は当然「ノットレディ」。
慌ててスタートせずに、も一度「スリー」からカウントしてもらえばよかった。

スタートとエアはダメダメだったものの、
硬くパックされたバーンで転倒者が続出するなか、
わりとちゃんと滑れたので満足。

今大会は2本滑って、よい方のポイントで順位をつけるという方式。
2本目こそは失敗なく滑ろうと気合を入れたのだけど
ちょっとバランスが悪かった第2エアのランディングで板が外れてしまって転倒。
これも悔やまれる結果となっちまいました。

それでも、この難コースで曲がりなりにも競技に参加できたってことが嬉しいし、
なによりもメチャメチャ楽しかったぁ~。

去年までの僕だったら、R3の天然コブは何とか通して滑ることができるものの
ピッチの短い人工コブはなかなか通せませんでした。
ところが、今日は、ふつうに通すことが出来ました。

実は、公式トレーニングの2本目でかなりアップアップになったところ
たまたま師(=氏)が見ていて曰く「エッジを外して滑らなきゃぁ」と。
ハッと思い出したレベル2の滑り。
次の1本からは楽にスピードを抑えることが出来ました。

まだスピードを出すことは出来ないけれど、まずは抑えられねば。
抑えながら滑るうちに、制御可能な速度を上げることが出来るようになりそう。
そこいらへんはステップbyステップで。

それと、何と言ってもエアの練習が足りませんなぁ。
ちゃんと飛んで、ワザを入れて、着地して、ラインに戻れるようにせねば。

まだまだ課題山積、前途多難な僕のモーグルではありますが、
着実に進歩を遂げているので、さらなるレベルアップに勤しみたいと思います。

なお、手ぶらで大会から帰ることの少ない僕...
今日はANAの羽田発便半額券という賞品を貰いました。
[PR]
by gggggen3 | 2006-03-21 23:59 | 雪ネタ

JAMモーグル・シリーズ第2戦

またまた行ってきました、モーグル大会。f0007802_025678.jpg







←オープンクラス優勝者
 橘くん(石川県)の滑り




僕がエントリーした「シニアの部」は出場者がたった1人.....
滑る前から最下位で優勝と決まっているレースでした。
(優勝賞品は、参加者全員のじゃんけん大会に回しました)。
僕的には、滑りがちょっと進化したので、よし。
飛びは全く進化していないなぁ、練習していないんだから、するわけがないが。

参加した仲間の中で
TOM@沖縄人がビギナーAクラスで堂々の優勝。
女子の部にはTOMのフィアンセMayuが華麗なデビューを飾りました。
オープンクラス参加のど~じんは、またしてもネタに走るハメに。

それにしても、大会は楽しい。
特に、この大会は僕も含めて常連が多く、参加者どうしが和気藹々。
アットホームな感じであることと、誰でも気軽に参加できるのが特徴。
特筆すべきは、嶋田先生(写真右)。f0007802_1425217.jpg
先生は、いま63歳。
これまで、モーグルの大会で年齢だけは負け知らずだった僕ですが、嶋田先生には負けちゃいました。
そして、これだけは追い抜くってことができません。
完全に脱帽です。f0007802_1504546.jpg









アットホームな大会に、今回は韓国からの参加もありました。
15歳のソー・ジョンファンちゃん(写真左)。
日本に「モーグル留学」中なのかな?リステルのジュニアチームのチームメートとともに、なぜかローカルな草大会に参加、ゆうゆうと圧倒的な優勝。
おそらく、将来は韓国のナショナルチーム入りすることを目指しているのでしょう。
4年後のバンクーバー五輪に出てくるかも知れないので、覚えておいて下さい。

さて、次回のシリーズ第3戦は3月26日。楽しみにしております。
[PR]
by gggggen3 | 2006-02-19 00:23 | 雪ネタ

いまどきのモーグル

最近のモーグルは、すっかり変ってしまいましたなぁ。

僕がモーグルをやっていると聞くと、「え、あんな空中回ったりなんてこと、やってるンですかぁ」というリアクションがあったりする昨今ですが、やっておりません、あんなことは。

僕がモーグルという競技を知ったのがリレハンメル五輪。ホットドッグ・スキーと言われていたハチャメチャな遊びが、いつの間にか競技になっていたのか、なんて思ったものです。
これが長野から正式種目となり、多英ちゃんが「大きなコザック」で優勝。男子はグラブヘリを決めたジョニーが優勝したのでしたな。
そのジョニーがソルトレークで「ディナーロール」と呼ばれる3D的要素を入れたエアを初めて公式の大会で披露。これをめぐってモーグルファンは侃々諤々。当時、数あったモーグラーのウェブサイトのbbsやら、2ちゃやらで「ヤンネがあの退屈な滑りで優勝するとは」なんぞと憤慨している方もおられました。

あれがわずか4年前のこと。
それが、今ではサブロク、バックフリップは当たり前、やれコークセブンだフルツイストだなんちゃらだほにゃららだ、とまるで空中曲芸大会のようになっちゃいました。
f0007802_14593992.jpgそんな状況に、愛子さんは素晴らしい努力で対応しました。優勝したジェニファーと対等に戦える実力を備えるところまで行っていたのは愛子さんただ1人。メダルに手が届くところに居たんですけどねぇ、実際にメダルを手にするってことは本当に大変なんですね。

ところで僕は、長野五輪が終わったころに、コブが少し滑れるようになって、モーグルもやってみたいなぁ、なんて思うようになりました。そして、2001年1月に草大会デビューしたのでした。(この大会については、もりもりの参戦記リュウくんの参戦記が残されております、なつかしなぁ)。

しかし、今オリンピックで争われているモーグルは、僕らが草大会でやっているモノとは全然違うじゃないですか。
確かに、あれは凄いっす。
やっている人たちはエライっす。
でも、僕らには無理っす。
モーグルはもはや「やるスポーツ」から「見るスポーツ」に変っちまったのではないでしょうか。
まあ、僕らが出場させてもらっている、いわゆる「草大会」では昔ながらのツイツイスプレッドなんてぇのがまだ生きておりますが、これもいずれはGood old daysの記憶の片隅に押しやられて行くのでしょうか。

僕らなりにモーグル界の裾野を徘徊しておりましたが、頂上がどこか別のところへ行ってしまったのでは、ここはモーグルの裾野でなくなっちゃいますねぇ。そう思うと、ちょっと寂しい今日この頃です。
[PR]
by gggggen3 | 2006-02-17 14:25 | 雪ネタ

冬季オリンピック

期待の附田雄剛は予選落ちしてしまいましたな。
それにしても、日本勢、全般的に振るわないではないか。
モーグルもジャンプもスノボーもスピードスケートも。

テレビを見ながら、うちのカミさん曰く
「日の丸を背負っちゃっているからダメなのよね」と。
そうかも。
確かに日本を代表して出場してはいるけれど
代表に選ばれた後は、自分個人のために競技すりゃよいのだろう。
米国選手なんぞ、星条旗を背負ってる感じはないもんねぇ。

さて、僕が最も期待しているのはスラロームの佐々木明。
この選手には、日の丸的な気負いが感じられない。

***
今夜(今朝?)は徹夜態勢で翻訳をやっている。
午前3時過ぎには男子モーグルの決勝。
ヤンネ、まぁ2連勝は無理だろうなぁ。応援しちゃうけど。
f0007802_23542087.jpg
ソルトレーク五輪の金メダルを掲げるヤンネと、文京区民スキー大会男子4部(出走2名)の銀メダルを掲げる僕
                                       2002年5月6日 photo by Kurofumi


***
で、結局ヤンネは駄目でしたねぇ。その代わりミッコが凄かった。
ファクトリー的には岩渕隆二の2連勝ですねぇ。置きみやげですけど。

***
んんんんん!
膝にかすかな痛みを感じる。
膝痛だけは勘弁してほしいのにぃ。ピンチかも。

しかし、テニスをしても気にならなかったし、テニスをした後のほうが痛みが少なくなった。
ランニングはちょっと見合わせておこう。

***
夜はヨガ教室。
また、例によってオムロン君に乗った。
体脂肪9・0%で体年齢は33歳と出た。筋肉率が37%台に上がった。
[PR]
by gggggen3 | 2006-02-16 22:40 | 雪ネタ

静止画マジック

ど~じんが1月15日のジャム・モーグルシリーズ第1戦のボクの滑りの画像を送ってくれたので、まとめてupしちゃいます。
まあ、実際の滑りは、やたらスピードが遅かったり、エアもちょこっと飛んでるだけだったりするのですが、ビデオに収録して、いいとこだけを選りすぐって並べると、いかにもちゃんとモーグルしているように見えちゃうから不思議です。これぞ「静止画マジック」。
ど~じん、有難う。ボクが滑ってっときはスタート地点に行ってたはずだから、撮影はクロちゃんかな?
f0007802_13434795.jpg
f0007802_13441780.jpg
f0007802_13444355.jpg
f0007802_134521100.jpg
f0007802_13453692.jpg


この大会の結果はこちらのリザルトを見て下さい。

>ど~じんべ
ど~じん、ak123、クロちゃん、303の画像も送ってくれたらここにupしちゃうよ~ん。
って、1日の容量に収まり切るかどうかワカランけど(最大500KBだって)。お1人様ベストショット1枚ってことにしようか。選ぶの大変だろうけど、ヒマなときに送ってね~。特にバックフリップは必須。
[PR]
by gggggen3 | 2006-01-15 00:00 | 雪ネタ



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新の記事
復調に向けて
at 2016-09-25 21:07
蚕糸の森公園
at 2016-07-18 17:30
朝ランニング7/10
at 2016-07-10 09:23
ちょろっとランニング
at 2016-07-03 23:25
ダッカ
at 2016-07-03 18:27
7月2日
at 2016-07-02 10:18
アフター ファイブサーティー
at 2016-06-30 23:19
ゆるっとテニスなぞ
at 2016-06-27 21:43
ブログ更新
at 2016-06-27 15:58
夏が来る前に
at 2016-06-26 13:06
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism