走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

タグ:大会 ( 35 ) タグの人気記事

勇姿

カメラマンTomoさんが撮ってくれた写真のデータを下さいました。
早速、GIFアニメにしてみました。

f0007802_23461010.gif
Skier: Gen Kitagawa
Photo: Tomohiro Watanabe
March 2, 2007 at Happo-one


Tomoさん、有難う!
[PR]
by gggggen3 | 2007-03-03 23:47 | 雪ネタ

もうすぐスタート

f0007802_9244032.jpg

今日は放射冷却でバーンはパッツン×2。
しかもスタート順が早いので超スピードが出そう。
正直、ビビリ入ってます。
[PR]
by gggggen3 | 2007-03-02 09:24 | 雪ネタ

八方尾根リーゼンスラローム大会

今日は憧れの八方尾根リーゼンスラローム大会に参加しました。
朝7時半にゼッケンを受け取り、インスペクションへ。

f0007802_20574210.jpgこの時点でバーンはパッツンパッツン。
ポールの設定はタテタテで、偉くスピードが出そうな感じ。
いやぁ、ちょっと恐ろしげです。
僕は超ハイスピードに耐えられるのだろうか、と不安になっちまいました。
不安が募ると緊張が高まります。

f0007802_2141177.jpg






そのうちにtakaさんと金巻さん(猿楽マスター)に遭遇。
この2人と会って少しは緊張がほぐれました。
金巻さんは「成年組」でゼッケン113番。
takaさんは僕と同じオープンクラスで302番。
因みに僕は398番です。


f0007802_21113660.jpg成年組の金巻さんは早々と10時過ぎにスタート。
この時点でtakaさんはサポートに回ってゴールエリアで待機。
金巻さんのタイムは1分24秒台だったそうです。
ラップタイム(最速)から遅れること約8秒。
f0007802_21144199.jpgtakaさんも11時ごろにはスタートしました。
そっから先、また僕は1人きりになっちまいまして再び緊張感が。
んでもって、僕のスタートは結局お昼ごろでした。

スタートを切って滑り出してみると、思っていたほど恐ろしくはありません。
というわけで、ふつ~に滑ることができました。

で、ふつ~に滑って無事ゴール。
タイムは?
1分46秒05ってアナウンスされたような気が。
金巻さんより22秒遅れ、ラップタイムからは30秒もの差。
いやぁ、ふつ~に滑ったのではダメじゃん。
全コースをクラウチングでぶっ飛ばすくらいでないと、全く問題になりません。
シビアな世界であることを認識させられました。

ま、とりあえずは無難に滑ることが出来たってことでヨシとすべきでしょう。
しかし、もっと速くなりたいなぁ。
ちゃんとアルペンの基本から勉強すれば、もっと速くなるンだろうなぁ。

さて、レースの後、takaさんのお店「山神食堂」に行ったのですが、takaさんはどっかで打ち上げの呑み会をやっているらしくて不在。
リキさんへの連絡によると、やはり1分24秒台で金巻さんには勝ったそうです。
この2人、明日のレースで勝負を賭けております。
takaさんが負けたら銀座で金巻さんを一晩ご招待、
金巻さんが負けたら六本木でtakaさんを一晩ご招待ということになっているようです。

f0007802_21541998.jpg山神食堂でラーメンを食べて、ちょっとコブを滑りたかったので黒菱へ。
しかし、黒菱は前日降った雪でグサグサになっており、快適に滑れる状態ではありませんでした。
んでもって黒菱は1本だけにして、兎平に回ったものの、こちらもそれほど嬉しくなるようなコブではありません。
んなわけで、リーゼンコースを(レースを振り返りつつ)下って、今日のスキーはオシマイ。

それにしても経験値を上げた1日でした。
こうして経験値を貯めて行けば、そのうちに
パパパパッパラパ~...「ゲン爺はレベルが1上がった」となるに違いありません。
[PR]
by gggggen3 | 2007-03-01 22:04 | 雪ネタ

ドキドキ

f0007802_9282971.jpg

極度に緊張してます。
インスペしたらめちゃスピード出そうなポール設定です。
果たして破綻なく滑れるでせうか?
不安です。
[PR]
by gggggen3 | 2007-03-01 09:28 | 雪ネタ

期間限定ですが・・・

ほれこんなところに寺内さんと僕が東京マラソンで併走(実は併歩)している写真があります。
1カ月ばかりで見られなくなるらしいのですが。
実はこれ、参加者の写真を撮って売るという商売。
こいつが1枚ン千円也(サイズによって値段が違います)。
いい記念になるってんで、購入される方も多いようです。
斯く言う僕も、諏訪湖マラソンの時の写真を買ってしまいました。
僕の葬式のときにでも使ってもらうとよいかな~、なんて思って。

***
件の写真、リンクを貼ったのですが「真っ白な画面」しか見えなかったりするようなので、関心のある方はちょっと面倒ですけど、東京マラソンの写真のページ(こちらです)を開いていただきまして、ゼッケン検索ってところに24258(寺内さんのゼッケン番号)を入力して検索ボタンを押してください。そんなかの14枚目の写真です。拡大をクリックしてください。
実は、この画面には映ってませんが、僕は登山靴を履いております。
[PR]
by gggggen3 | 2007-02-28 22:00 | runネタ

第61回八方尾根リーゼンスラローム大会

3月1日、2日は八方尾根リーゼンスラローム大会が開催されます。
今年が61回目...僕が生まれる前から行われている伝統の一戦。
前々から出場したいと思っていたのですが、開催日が木曜と金曜。
仕事を休まねば出られず、休みにくかったこともあって見送ってきました。
晴れて自営業者となった今年、勝手に仕事を休んで参加します。

1日は標高差595m、全長約2500mのコース、
2日は標高差490m、全長約2000mのコース...
壮大なレースです。

しかし、今年は異様に雪が少なくて、うすばの中壁は土が見えています。
どうやら例年と同じコース設定は絶望的。
ゴールはリーゼン小屋より上になると思われます。
その分、スタートも高いところになるのでしょうか。
雪質も下のほうはグサグサなんで、滑りにくそう。
あの広大なゲレンデに硫安をまいたりするのでしょうか。
まぁ、初参加の僕としては無難に完走することだけを考えます。

2日のレースにはクロちゃんも参加。
それにtakaさん猿楽マスターの熱いバトルも展開されます。

4日(日)にはクロちゃんが1級検定を受けるので、僕も一緒に受けてみます。
前回は合格する気で受けたのですが、思ったよりもはるかに手強くて合格点よりマイナス8。
一気に8点アップというのは普通に考えると絶望的です...が、
僕は常識外れなところがありまして、普通に考えたりしないことが多々あります。
周囲の予想を覆して受かるつもりでおります。

んなわけで、また今夜から白馬です。
[PR]
by gggggen3 | 2007-02-28 12:03 | 雪ネタ

東京マラソン2007 featuring Mr.Terauchi

今日は東京マラソン2007。
朝っぱら友人M(=yasumim)から電話があって、ひどい雨なんでもう行かない、だって。
スタートだけは切って行けるところまで行くと言ってたんですけどねぇ。
それから二度寝してしまった僕は寝坊して、ギリでスタート地点へ。

f0007802_19124987.jpgいやぁ、そりぁあもう凄い人です。
3万人というと、道路いっぱいに並んだ人が1キロちかく続いております。
9時10分にヨーイ・ドンして5分くらいしてもこの辺は動き出しません。
で、動き出してもスタート地点までは歩き...とても走れるモンじゃぁございません。
暫く歩いてスタートが近づいたところで、ちょっと植え込みの高いところに登って写真を撮ったら、なんと「ゲンさ~ん」と叫びながら手を振る人が...。

f0007802_19185195.jpg



見えますかぁ、オレンジ色の腕が上がっているのが...いやぁ、ラッキーですなぁここで会えるとは。
この人こそ、今日、僕が応援しに来た寺内さんなのでした。
腰に不安を抱える僕は出走を断念。
寺内さんの応援に来たのです。
友人Mと亀Wそして僕が不調な中、僕の仲間うちでは寺内さんだけが元気に出走です。

f0007802_19291081.jpg
スタート地点では石原慎太郎都知事が高~いところから手を振って声援。
ここから42.195キロのレースが始まります、ってもう15分も経過していますけど。
ここを過ぎると、やっと走り始めることができます。
しかし、雨ン中を待たされたランナーたちのカラダは冷え切っています。
過酷な条件となってしまいました。

f0007802_1932659.jpg



僕の大会参加はこれで終了。
寺内さんを応援しているケイコさんと携帯で連絡を取り合って合流。
ここいらで朝メシを食べようと思ったのですが、アサコ(大塚)さんからケイコさんにメールが入って、もう日比谷に向かっているとのこと。
アサコさんも寺内さん応援団の一員です。
というわけで、僕の朝メシはヌキにして地下鉄で日比谷へ。
日比谷公園の帝国ホテル前で寺内さんを待ち伏せ。10キロ地点です。

f0007802_19451263.jpg僕は見過ごしてしまったのですが、さすがケイコさんは見逃しませんでした。
「もう通過しちゃったよ、もうかなり先まで行ってるよ」と言われた僕は猛然と追走(ちゃんとゼッケン付けてるからコース内に入れるのです)。
西新橋交差点前で追いつきました。
快調な寺内さん。
最初の5キロは混雑で思うように走れずに34分掛かりましたが、次の5キロは32分台。
ここまでで2回もトイレに寄ったとのことですが、いいペースで来ています。

f0007802_19534817.jpg


僕らは銀座に移動して、お茶をした(僕は軽く朝メシも済ませた)後、天賞堂の前で再び待ち伏せ。ここは中間点をちょい過ぎたところ。
品川まで行って戻って来るので(約11キロ)、1時間くらいの余裕があります。

f0007802_19595270.jpg





思ったより10分ほど遅れてやってきた寺内さん。ここでエネルギーを補給。
ちょっと足が痛くなってきたとのことです。

f0007802_2041996.jpg




疲労の色は見えるものの、すぐまた元気に走り始めました。
銀座4丁目の角を曲がって、ここから浅草に向かいます。
見送った僕らはまたぞろお茶。
1時間以上ヒマつぶしをしてまた沿道に。
ケイコさんが携帯で寺内さんの30キロ通過タイムを調べるも、いつまで経っても25キロまでのタイムしか出ません。
これは30キロ手前で止まってしまったのかと思いきや、2時頃になって34キロ地点で寺内さんを発見。
もはや走っていませんが、競歩のように早や歩きをしています。
僕は走れないけど、歩くのだったら恐らくついて行けると思い、コートをアサコさんに預けて寺内さんと並走ならぬ並歩をすることにしました。残りは約8キロ。

f0007802_2191813.jpgトレーニングをしていない僕には、早や歩きでも結構ハードです。
聞けば寺内さんは25キロを超えたあたりで足がガグガグになったとのこと。
ストレッチングしても、思わしくなくて歩きに変えたのだそうです。
そんなお喋りをしながら歩くと、いつの間にか37キロ、38キロと徐々にですがゴールが近づいて来ます。

f0007802_21205264.jpgそして42キロを過ぎた最後の195メートルを走ってめでたくゴール。
時計は6時間01分55秒を示していますが、ヨーイ・ドンから実際のスタートまでに約15分かかっているので、実質的なタイムは5時間45分ほど。
いやぁ、頑張りました。
しかし、ご本人は不満顔。
ちゃんと走り切って「完走」したかったのに、途中からは歩いてしまったので「完走」ではなく、実に悔しいとの見解。
わか~る。
僕も最初のフルマラソンでは途中で歩いてしまって、やはり悔しい思いをしたのでした。
というわけで、この時点ですでに次回のリベンジを考える寺内さんなのでした。
[PR]
by gggggen3 | 2007-02-18 21:27 | runネタ

東京マラソン2007受付

f0007802_13192550.jpg

東京マラソンの出場者受付は前々日と前日@東京ドーム。
当日やると混乱するかも知れない、ってことでそうしたんでしょうな。
で、この時点での棄権の方法が分らないので、受付してきました。
というわけで、走る気になれば走れる状態です。
が、せっかく腰痛もなくなったことだし、練習もせずに走るのは危険。
というワケで走りません。
スタートだけしてすぐ棄権するつもりです、寝坊しなければ。
[PR]
by gggggen3 | 2007-02-17 13:23 | runネタ

いよいよ大会

f0007802_11564329.jpg

もうすぐ出番です。
[PR]
by gggggen3 | 2007-01-28 11:56 | 雪ネタ

第35回五竜リーゼンスラローム大会

f0007802_11335165.jpg
朝7時、誰もいないゲレンデ...でも左上のほうに豆粒のような人の群れ。
ポールのセッティングが始まっています。

f0007802_11342948.jpg
やがてインスペクション開始。
この大会には、こんなチビっ子も参加しています。

f0007802_11344756.jpg
昨年の覇者クロダも慎重にコースを読んでおります。

f0007802_11351431.jpg
やはり大会には華があります。
こんなインスペクション風景一つとって見ても、それぞれのスキーヤーが「より速く」という同じ目標で気合いを入れているのがピーンと伝わってきます。

f0007802_11354983.jpg
今回の特別ゲスト、寺内さん登場...これって午前10時ごろだったかな?
実はウチのチームで一人欠員が生じてしまいまして、シャーさんに電話したりして代役を探したんですけど、見つからず。
寺内さんが今朝、宿舎クンパラでオシッコに起きたとき、僕からの電話に出ていたパン吉さんと顔を合わせ、そん時にパン吉さんが僕らの欠員募集のことを寺内さんに話したら、何やら興味ありげな顔をしたとのこと。
その情報を得た僕は即座に寺内さんに電話して代理出走を依頼。
それに応えてくれた寺内さん...漢(オトコ)です。
今日はコース・インスペクションもしないまま、いきなりの出走です。
もちろん、不安もあることでしょう。人間ならアタリマエ。
そんなことをものともせずに、堂々の出場は太っ腹。

f0007802_11361419.jpg
岩渕由羽選手のゴール・シーン。
レースは小学校低学年女子から始まっており、岩渕選手は小学校高学年女子の部。
思えば、この大会に初参加した5年前、スタート直後のところでボクと3110さんが「頑張れ由羽!」と叫んだのを聞いてこちらを見てしまった由羽さん、そのために旗門不通過となってしまったのでした。
いやぁ、申し訳ないことをしてしまいました。
あの時から比べるとなんと言う成長ぶり。

f0007802_11364518.jpg
春になったら、もう6年生です。

f0007802_11371167.jpg
そうこうしているうちに壮年の部、寺内さんのスタートです。
「にっこり笑ってスタートだよ~」と掛けた僕の言葉にその通り応える寺内さん。
大した度胸です。
これにはビックリしていた僕ですが、実は学生時代になんちゃって競技スキー部に所属していたんだそうです。どうりで堂々としていられるワケだ、25年ぶりとは言え。

f0007802_11384933.jpg
そして僕のゴール・シーン。

f0007802_11391279.jpg
こうして笑ってはおりますが、途中でバランスを崩して大きく左に振られてしまい、大幅なタイムロスをしてしまいました。先に滑った寺内さんに遅れること1秒。
タイトル奪回の夢は潰え去ったのでした。

f0007802_11393031.jpg
最後に滑ったディフェンディング・チャンピオン=クロダはさらに悲惨な結果。
10旗門目で旗門不通過、歩いて登って通過しなおしたために1分以上のロス。
連覇の夢は成りませんでした。
これで由羽さんは4年連続のブービー賞、今年のメーカーはクロダ(2回目)でした。

f0007802_11395081.jpg
ご覧ください、悔しがる僕とガッカリするクロダ。

f0007802_11401119.jpg
なんと、表彰台の真ん中に立ったのは急遽代理出走した寺内さん。
今朝、あのタイミングに小便で起きて来なかったら、この栄光もなかったワケです。
いや、来年こそは僕が真ん中に立つぞ、久々に。

f0007802_11415616.jpg
レースの後はもちろん温泉です。
でも、温泉に入るたびに自分のヌードを公開するってぇわけではありません。
いやぁ、今日もいい一日でした。
[PR]
by gggggen3 | 2007-01-28 11:42 | 雪ネタ



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新の記事
復調に向けて
at 2016-09-25 21:07
蚕糸の森公園
at 2016-07-18 17:30
朝ランニング7/10
at 2016-07-10 09:23
ちょろっとランニング
at 2016-07-03 23:25
ダッカ
at 2016-07-03 18:27
7月2日
at 2016-07-02 10:18
アフター ファイブサーティー
at 2016-06-30 23:19
ゆるっとテニスなぞ
at 2016-06-27 21:43
ブログ更新
at 2016-06-27 15:58
夏が来る前に
at 2016-06-26 13:06
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
人気ジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism