人気ブログランキング |

走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

JAL杯八方尾根スーパーモーグルカップ2007

今日はJAL杯八方尾根スーパーモーグルカップ2007に参加しました。

f0007802_4175750.jpg朝7時半に受付を済ませ、兎平の大会バーンへ。
去年はガスのために途中中止になってしまいましたが、今日は絶好の大会日和。
早速、公式トレーニングで滑って見ると・・・
エア台がメチャ気前よくデッカくて、ゆっくり入っても大きく飛んでしまいます。
その上、ランディングがパッツンパッツンで、台に飛ばされてアップアップしたまま着地すると、全くスキーをコントロールすることができずに暴走してしまいます。
いやぁ、僕はホントに着地が下手クソ。
空中での恐怖感にやられてヘッピリ腰で着地するために破綻してしまうのです。
公トレでは3本滑りましたが、3本とも失敗。
強い不安感を抱え込んだまま開会式の時間になってしまいまいた。

f0007802_4181545.jpg広島のトラック運転手木村さん、、福井の高校2年生ジュンペー、子供の頃から知っているコウヘーくん、今は焼き肉屋で働いているダイちゃんなどとは久しぶりに再会です。
もりもりとはR3の大会、カワツくんとはいつぞや五竜で遭遇して以来です。

f0007802_4183828.jpgさあ、そして競技開始。
女子17人の予選が終わり男子予選のスタートです。
最初の選手がゴールした後にコールされたのは...
「ゼッケン2番、バカ野隆一、あ、いやカワ野隆一選手です」。


f0007802_4185985.jpgゴール下ジャッジ席の前で2番リュウくんの絶妙な選手紹介をしたMCは今シーズン久々に赤服をまとったウ~師。
よどみのない絶妙なトークとピンクの帽子が冴えわたっております。
映画『銀色のシーズン』に掛かりっきりでしたが、この大会にこの人ははずせません。

f0007802_4193352.jpg僕は16番スタート。
スタート前にちゃらけて緊張をほぐすものの、エアの不安は拭えません。
んなわけで、いざスタートしたものの守りの姿勢ばかりが前面に出た消極的な滑り。
こわごわとへっぴり腰で突っ込んだ第1エアでは抜けてしまった上に軸がずれてあやうく転倒しそうに。

ランディングがシャバ雪に変わっていたので、着地後なんとか体制を立て直すものの隣のレーンに移ったままのミドルセクション。
第2エアもおよび腰のまま飛ばされただけで、やっとこさの着地でまたも隣の(元の)レーン
にしか入れずにボトム。
ヨレヨレ、ヘロヘロのぶざまな1本となってしまいました。
救いは、「痴呆になって死ぬよりは、阿呆のままで死にたい」とのMCウ~師のコメントがギャラリーに大ウケしたこと。
これで大会のピエロ役を果たすことができました、狙ったワケじゃないけれど。
来年は逆に、ウケを狙ってコスチュームで出たほうがよいのかも。
アップアップの滑走でしたが、かろうじてコケずに完走できたのはヨカッタ、ヨカッタ。

f0007802_42028.jpg滑走後はコースサイドでまったりしながら観戦ときどきフリーラン。
応援にはT内さん&I川さん、パン吉&ヨッコさん、ハタボ~&K子ちゃん、クロちゃん、グ~さまらが駆けつけてくれました。

f0007802_4203066.jpgそしてJALフェスティバルの一環としてこのSMカップと並行して行われた抽選会featuring上村愛子選手では、なんとハタボ~の抽選券が大賞のJALペアチケットに当選。

ところで、このお2人...あと1カ月ちょいでオトンオカンになります。
いいオトン、いいオカンになるだろうなぁ。
それが楽しみ。
かわいい赤ちゃん、さらにもっと楽しみです。

f0007802_421419.jpgフェスティバルには3人娘もマキちゃんに引率されてやって来ました。

f0007802_4212639.jpgチョコレート・フォンデューのふるまいなんぞもありました。
溶かしたチョコレートにバナナをディップ、そのチョコが甘味を抑えたビター系で美味。
僕も由羽さんも2本いただいちゃいました。
いや、もしかして由羽さんは3本行っちゃったかも知れませんな。

f0007802_4215110.jpgそうこうしている間にも大会は続いております。
女子ベスト8人、男子ベスト16人が決勝戦に進出、デユアル・モーグルで勝ち抜きのトーナメントです。
女子は8/17ですから、ちょっと自信のある人なら決勝進出のチャンスは十分。
男子は、あの切久保○也さんが17位で予選落ちしてしまうほどハイレベルの戦いです。
決勝のファイナルともなるとギャラリーも増えて大いに盛り上がります。
男子セミファイナル、ファイナルは緊迫したいいレースになりました。

f0007802_422281.jpgレースも終わり、メシを喰った後は再びフリーラン。
標高1600メートル、アルペンクワッド降り場の「ヴァージンカフェ白馬」奥にある「ピラール」でコース料理をお召し上がりになったクンパラ組4人と合流。
しかし急に雲が広がり、雪が降ってきました。

吹雪いてきた黒菱から兎平に戻ると、エア台を壊した後の大会バーンがオープンされておりました。
ここでリュウくん、パンさん、D人、もりもりらと猿モード突入。
KOBを得て激変したパンさん...カッコいい。
大会では不甲斐無かったもりもりもガンガンと攻める姿勢が復活。
今シーズン急成長を遂げたリュウくん。
映画『銀色のシーズン』に献身していて滑り足りなかったD人も久々にはじけています。
そんなみんなの滑りに触発されて、僕もちょっと攻めてみました。
いやぁ、モーグルは攻めてナンボの世界です。
で、攻めてはみたものの、最後は暴走して転倒。両足リリース。
まだまだ下手ッピです。
けれど、これで大いにヒントを得ることができました。
来シーズンにつなげたいと思います。

f0007802_15573653.jpg午後4時から閉会式。
男子の表彰式、真ン中は増川雄くん。
日本代表としてワールドカップにも出場している選手ですから、勝って当たり前。
雄くんがおじぎをして顔はブレちゃっている写真なんですが、注目していただきたいのは表彰台の脇に立つMCウ~師の坊主頭...ではなくて2位の選手。
コウヘイくんです。

長野五輪の翌々年あたりだったか、黒菱の上に記念として残されている女子滑降のスタートハウスで休憩していた親子連れ、僕も二男sinpyを連れてお隣で休憩して、父子連れ同士でしばし会話を交わしたのでした。
あのときの坊やがこのコウヘイくんなのです。
コウヘイくんはその後、モーグルをやるようになって飯綱で開かれた草大会に僕がシャーさんと2人で出場したときに僕を見つけて「八方で親子で会話したことがあるンですけど、覚えていますか」って声を掛けてくれて、律儀に挨拶してくれたのでした。
会話したことは覚えていたけれど、坊やの顔までは覚えていませんでした。ってか、すっかり少年になっちゃっていて、覚えていたとしても判らなかっただろうなぁ。
その後、すっかりデカくなったコウヘイくんとはジャム勝山などで再会。
去年の八方SMでも顔を合わせました。
そのコウヘイくんが見事に決勝トーナメントを勝ち上がって、最後は雄くんと対決。
負けはしたものの、喰らい付いて緊迫のレースを展開しました。
雄くんは別格なのに、互角に近いレースをしたコウヘイくん。
実質的には優勝者と言えるでしょう。
あの時の坊やが、こんなに立派になったのを目の当たりにして感慨深いものがあります。


f0007802_4225939.jpgさて、われわれチームのうたりんずの戦績は...
リュウくんが35位、D人が55位(78人中)。
5の倍数には「飛び賞」が贈呈されて2人はSpoonのジャケット(定価21000円也)をゲット。

f0007802_4232377.jpgコケなかったのにコケたD人よりも低得点だった僕は56位で賞品はなかったものの、ジャンケン大会で景品をゲット。
白馬スキークラブのタオルをいただきました。
去年は大会が中止になって、表彰賞品が抽選となり超特大キャスターバッグを引き当てた僕...初参加の2001年には109位で東急観光からトーキュー賞でK2の板を頂戴したのを皮切りに、何かと頂き物しております。

f0007802_423466.jpgこの後、グリンデルにてチーズハンバーグ定食を食して帰路に就いたのでした。

いやぁ、とってもとっても充実した楽しい1日でした。
スペシャル・サンクスtoウ~師。
そして一緒に遊んでくれたみなさんにも感謝です。
いつもいつも有難う。
by gggggen3 | 2007-04-08 23:13 | 雪ネタ
<< TOMMY CHILDライブ@... いよいよSM大会 >>



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
ランニング5/4
at 2019-05-04 13:19
ランニング4/29
at 2019-04-29 13:11
スキーシーズン’18-‘19
at 2019-01-19 11:16
2018 年に広がった僕の周..
at 2019-01-08 23:30
ランニング1/6
at 2019-01-08 23:19
ランニング12/25
at 2019-01-08 23:12
ランニング12/15
at 2018-12-24 23:28
ランニング12/9
at 2018-12-09 11:06
ランニング12/5
at 2018-12-05 23:48
ランニングにならかった12/2
at 2018-12-02 23:23
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism