人気ブログランキング |

走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

2006年 08月 19日 ( 1 )

燕岳登山

クロちゃん、シャーさんと3人で燕岳に登って来ました。

f0007802_20362626.jpg前日は夜の11時頃にシャーさん邸にお邪魔して、それから飲んで語って寝たのは午前1時くらいだったかな。
で、午前4時に起きて暗いうちに家を出て、サークルKで食料を調達するなどして、中房温泉の登山口に着いたのが午前5時すぎ。
天気はよさげです。
歩き始める前、「使用前」の元気な姿を証拠写真に収めました。

5時45分ごろにいざ出発。
で、登り始めてみると、山道は非常に急峻。
急勾配の連続です。
f0007802_2131827.jpg
気温は高く、かなりの発汗。
燕岳は北アルプス「表銀座」と呼ばれるポピュラーなコースの入り口に当る山。北アルプスの登山では「入門編」に当るような位置づけをされているんで、楽チンで登れてしまうように思っていましたが、結構手強い。
因みにシャーさんは中学生のとき以来2回目(中村邸の裏庭なんですけどねぇ)、僕は新婚当時に新妻を連れて登って以来2回目...35年ぶりかな。
前回の記憶は、大変だったなんてことは少しも覚えていなくて、途中で槍ケ岳が見えるのだけど、それが凄く近くて大きく見えたという印象が強く残っています。

f0007802_20371497.jpgいやぁ、これは結構タイヘンダぁなどと言いながら、テレテレと登りつづけるうちに森林限界を抜ける高さにまでやってきました。
するってぇと、この頃、下の安曇野のほうから霧が立ち上って来ました。
霧に包まれると涼しくていいのですが、こいつが濃くなって雨雲に成長するのが心配。
早めに上がって早めに下るのが吉。

f0007802_20374592.jpg



で、僕の記憶に強く残っていた地点=槍が見えるところに来たら、あらら...
槍の穂先が一瞬見えたものの、下から上がってくる霧にあっという間に隠れてしまいました。
f0007802_22173725.jpg尾根まで上がると、全体としては好天気なんだけど、要所要所に雲が出ています。
北を見ると、燕岳の山頂は晴れてます。
一方、南は...

f0007802_20382694.jpg




安曇野側からどんどん雲が上がっています。
槍の北鎌尾根と西鎌尾根は見えてるンですけどねぇ。
f0007802_20401077.jpg雲の流れは速く、振り返ると一瞬だけまた槍の穂先が見えました。
んでも、これを最後に槍は姿を現しませんでした。
燕岳から北に連なる連峰は全く見えませんでした。f0007802_22541270.jpg




晴れていれば、鹿島槍とか白馬が見えるんだけどねぇ。
あれこれの名峰が雲に隠れているとは言え、上空は青空。やはり頂上ってのは気持ちがいいもんです。
標高2763m。
3000mには達しないものの、やはり天空に向かってそそり立っているアルプスのピークの一つ。爽快です。
5時間近く掛けての登り...ちょっと心配だった膝の具合は全く問題なし、です。
f0007802_20482666.jpg燕岳ってのは独特の山、花崗岩で出来ています。
これは、ここだけなのではないでしょうか?
餓鬼とか蓮華も岩っぽいけれど、こんな花崗岩ではないような気がします。
この花崗岩が柔らかくて風化しやすいのか、こんな奇岩もあります。

f0007802_20484260.jpg





そして、花崗岩が風化して出来た砂にはコマクサが...。
コマクサってのもカワイイけど変わり者、土の上でなく砂っぽいドライなところにしか生えません。
不思議なヤツ。

風がさわやかな稜線で昼飯を食って、早々に退散...天気が悪くなるのがヤだし。
下りは一気に降りてしまいました。
下りこそ膝に衝撃が大きいので心配でしたが、痛みはなし。
シューズが安物なんで、ソールの薄さをモロに感じちゃいましたが、それでも足のほうは耐えられるようです。


で、中房温泉に戻って...そうそう、朝の出発前に「使用前」の写真を撮っておいたのだから、「使用後」も写真に撮らねば...というワケでこの写真です。
f0007802_20485728.jpg今年オープンしたばかりの立ち寄りの湯「湯原の湯」。
実に気持ちのいい温泉です。
浴槽は露天だけだけど、洗い場は屋根の下。
透明な硫黄泉で、つるつるすると思ったらやはりアルカリ性。
アルカリ性は美肌効果があるんですよね~、ほら、僕もこんなに...
キレイになっちゃいましたよ~ん。

f0007802_20491419.jpg



このあと、シャーさん宅でスイカと桃をたらふくご馳走になって、白馬村へと向かったのでした。

今日はユミルさん、ヒロキさんが上越市の水族館にお出ましになりまして、引率の櫻井ご夫妻&ウ~師、現地合流のオグが魚介類を仕入れて帰ってきました。
で、山から降りてきた僕らは海の幸をご相伴に預かるというラッキーな展開。
大満足の一日でした。
by gggggen3 | 2006-08-19 11:43 | 山ネタ



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
最新の記事
書き溜めてしまったランニング日記
at 2019-08-19 20:16
ランニング@白馬7/20
at 2019-07-21 18:40
ランニング5/4
at 2019-05-04 13:19
ランニング4/29
at 2019-04-29 13:11
スキーシーズン’18-‘19
at 2019-01-19 11:16
2018 年に広がった僕の周..
at 2019-01-08 23:30
ランニング1/6
at 2019-01-08 23:19
ランニング12/25
at 2019-01-08 23:12
ランニング12/15
at 2018-12-24 23:28
ランニング12/9
at 2018-12-09 11:06
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism