人気ブログランキング |

走れGenG

スキー&スノーボード2004-2005

カテゴリ:呑みネタ( 46 )

アフター練習会(2)

今日は歌声楽団の練習会でした。
定時に職場を離れることが出来ず、1時間も遅刻。
到着したときは四季メドレーの秋の部(重ね歌)の練習をしておりました。
冬の部ブルースでは歌詞の募集なんぞもあり、春と夏もさらっと練習。
7月には施設での訪問ライブも予定しております。

んでもって、練習の後はもちろん居酒屋タケゾウにて「反省会」。
しかし、今夜の僕はそちらをブッチしまして、向かいましたるは・・・新大久保。
今夜は浜松から仕事で上京しているリーダー(キャプテン)を囲んでのグルメ部(呑み会)。
f0007802_15111276.jpg
韓国伝統活魚刺身専門店テジョンデには、主役のリーダーをはじめ、クロちゃん、隊長、Tomoさん、こぶちゃん、こぶちゃん嫁、ジュンさん、R3(リュートさん=リュウくん)が集結して宴タケナワです。
このお店、活き造りが名物。
僕は喰い逃しましたが、隣の席に運ばれるイシ鯛の活き造りを見ると壮観です。
それに、活き造りを注文するとケジャンやらチヂミやら、いろんな料理がついてきます。
それを食べているうちにカレイの活き造りが出てきました。
f0007802_15315584.jpg
これをサンチュにくるんで辛し味噌をつけて食べます。
f0007802_15455953.jpg
お醤油以外の調味料で食べるってぇのは初めてですが、なかなかオツなものです。

22時ごろに一次会をお開きにしまして、二次会@新宿へ。
f0007802_15551756.jpg
珍しく背広姿が4人もおります。
メンバーチェンジもありまして、こっからは遅くまで仕事をしていたパンさんご夫妻が参加。
南口のモツ鍋専門店クロキという店に入りました。
f0007802_1635864.jpg
ここのモツ鍋・・・赤と黒とありますが、どちらも美味い。
f0007802_1645349.jpg
ここでも大いに盛り上がりまして、時間はテッペンを越えてしまいました。
明日が土曜出勤となっちまったボクは、終電前に退散しましたが・・・リーダー、クロちゃん、隊長の浜松&元浜松勢3人は、これから先が凄いことになったようです。
それにしても、楽しい一夜でした。
by gggggen3 | 2008-05-16 23:58 | 呑みネタ

アフター練習会

今夜は久々に♪ゴスペルこっころ♪の練習会がありました。
Shabach、Holy・・・、We've come・・・、Joyful・・・と4曲を練習。
ちゃ~んと歌詞やパートを覚えておかにゃならんのだけど、練習会のときしか譜面を開かないのであやふやなところが多々あります。ちゃんと自分で覚えねば。
んな僕ですけれど、周囲の皆さんに引っ張ってもらって楽しく歌っております。

そしてアフター練習会・・・前回は中華で超満腹になったので、今回は古巣の「魚荘」へ。
いろいろ美味しいものを食べました、Panda先生ら5人で。
今夜のメニューの(ほんの)一部を写真で紹介しちゃいます。
f0007802_1235172.jpg
f0007802_124890.jpg
f0007802_124309.jpg
上から、カンパチ、かつお、〆サバ、イイダコなどのお造り盛り合わせ、いかの肝蒸し煮、揚げ出し玉子とじ。このほか山うどの天ぷらとか・・・美味しくいただきました。
by gggggen3 | 2008-05-15 23:59 | 呑みネタ

わさびらむねの味

飲んで見ました、わさびらむね。
わさびの味はそれほど強烈ではなく、後味として残る程度。
sinpy曰く、口にしばらく含んでいるとわさびふりかけのような後味が残ると。
僕もやってみましたが、やはりほんのりとわさびの感じがしただけでした。
ジンジャーエールのわさび版という感じですが、ジンジャーエールよりマイルド。
比較的すっきりとした飲み味。
でも、僕的には病みつきになるほどのモンではありませんでした。
by gggggen3 | 2007-06-22 06:47 | 呑みネタ

わさびらむね

f0007802_02529.jpgもらっちゃったぁ...わさびらむね。
日曜のマラソンの後、メシ喰ってお土産買って温泉入って、浜松組とお別れするってぇときにツツイちゃんから頂きました。
カナダくんも僕のために1本買ってくれたのだけど「持って来るの忘れちゃったぁ」と言ったら、ツツイちゃんが「私、持ってるよ」と言ってたのが土曜の夜のこと。
やっぱ遠州人はギャグが好きなんだなぁ、そんなモンを持ってるなんて。
そして別れ際にくれちゃったりするとことがまた遠州人的ホスピタリティーですなぁ。
有難くいただきま~す。
と言って冷蔵庫で冷やしてあるんですけれど・・・
これを1人で飲むなんて勿体ない。

この喜びを誰かと分かちあわねば。
それが喜びであるのかどうかは分らねど。というわけで、こいつはまだ冷蔵庫の中です。
by gggggen3 | 2007-06-19 23:59 | 呑みネタ

瓶詰めミッション無事終了

f0007802_23511879.jpgさわやか~な白馬の朝。
金曜深夜に到着して、僕は午前1時ごろには就寝して9時近くまでガン寝しちゃいました。
グ~さまとクロちゃんは3時ごろに寝て4時起き、名古屋に出張するLT社長を松本まで送って7時ごろ帰って、それからまた寝たのですが、僕はそんなことには全く気付かずに熟睡させていただきました。
スッキリ目覚めた僕はメーカーから借りたサポーターの試走、3キロ程度走りました。
例によってみそら野のジョギングコース。
平川沿いの道からはリーゼン越しに白馬鑓ヶ岳と杓子岳が見えています。
北アルプスの山々にはまだ雪がいっぱい残っています。

f0007802_022246.jpg昼ちょい前くらいからグ~さま、クロちゃんと僕の3人で今回の主要任務、ビールの瓶詰めを開始。

f0007802_042859.jpg







最近は手馴れてきたので、着々とはかどります。

f0007802_055947.jpg




詰め終わって、トモさん部屋の押入れに収納して今回の作業は終了。
あとは2週間ほど放置すれば2次醗酵が進んで飲めるようになります。
2週間で開けずに、さらに放置するとさらに美味くなるとのこと。
LT9周年は4週先ですから、飲みごろになっているはずです。
参加される方はお楽しみに。

f0007802_0113253.jpgそして午後からはLT女性陣とともにLT駐車場にてBBQ。
もう陽射しはすっかり夏。
パラソルが必須アイテムです。
f0007802_0152679.jpg

f0007802_0283541.jpgすっかりまったりした後は「洗車大会」で車4台を洗っちゃいました。
スッキリです。
そして僕とクロちゃんが向かったのは・・・白樺湖近くにあるペンション「ラクゥーン」。
ここで、今日は蓼科山に登山をした浜松勢5人と合流です。

f0007802_029070.jpg


僕らはまったりしすぎて到着が7時40分くらいになっちゃいました。
浜松勢はハラを減らして待っててくれて、僕らの到着と同時に晩ご飯。
いやぁ、スープ、サラダ、お魚料理、そしてこのビーフ・・・美味しいものが盛り沢山です。

f0007802_0335745.jpgそして晩ご飯の後、僕らはペンションのオーナーとともに外へ・・・
標高1500メートルの高地なので、かなり冷え込みます。
そんな中、外に出るってぇのは何故かというと・・・

実はこのペンションのオーナー、大変な天文家なんです。

f0007802_037463.jpg

こ~んな立派な天体望遠鏡がありまして、天体観測をさせて下さいます。
金星、土星から始まって、最後はM57こと座のドーナッツ星雲まで、星々を案内していただきました。
うっすらとした雲がときどき上空を覆うので、見え方はいまイチってぇことでしたが、それでも都会では見ることの出来ない満天の星、そのほんの一部に迫りました。
梅雨入りしたってぇもっぱらの噂なので、今夜、こうして星を見るなんてことは出来ないだろうなぁと思っていたのですが、予想に反して晴天...ラッキーでした。
by gggggen3 | 2007-06-16 23:59 | 呑みネタ

オリジナルドリンク

f0007802_2325424.jpgこの写真は当blogの読者の皆さんの記憶に新しいことと思います。
そう、キャプテン(リーダー)が飲んでいるのは「カレーラムネ」でした。
こんなモンを作って売り出すメーカーって一体どんな会社なのかと思ってググると、ちゃ~んとウェブサイトがあって、やはりとっても面白い会社です。

f0007802_23361784.jpg
「カレーラムネ」のほかに「わさびらむね」なんてぇのも製造していたりして・・・。これも味のほうは???ですけど。
ほかに「杏仁ラムネ」ってのもあって、それは美味しそうなイメージ。
ラムネの他には「男のちょい割る・強ソーダ」とか、各種チューハイの1000mlペットボトルとか、それにもちろん普通のドリンク類もあります。

そして、僕がさらに感心したのは・・・

f0007802_23455386.jpg


← こんなこともやってるンです。

いやぁ、面白いなぁ。
自分で独自のドリンクを考えて、そいつをこのメーカーに頼んで造ってもらう。
ちょっとロマンティックだなんて言うと大袈裟ですけれど、これってよくなくねぇ?
オーダーフォームもあって、材料は持ち込むのか用意してもらうのか?工程は決まっているのか相談したいのか?缶、ビン、ペットボトルなど容器はどうするか?コスメのデザインは頼むのか?賞味期限はどう考えるのか?予算は?などなど、こと細かにフォームに記入するようになっていて、冗談ではなくホンキでオリジナルドリンクを造ってくれようとしているってぇのがヒシヒシと伝わってきます。
既にこのメーカーが造っているドリンクをオリジナル仕様にするってのもあって、結婚式の引き出物なんぞにするのも洒落ているかも・・・飲んでしまったら容器を一輪挿しかなんかにできるようなモンにしてみるとか。

さて、そんじゃぁ僕も自分のオリジナルドリンクを考えてみよっと。ただし、予算がないので今のところはアイディアだけで実現する気はありませんが。
実際にやってみようという方、「製造依頼書」はこちらです。
by gggggen3 | 2007-06-12 12:36 | 呑みネタ

び微妙

f0007802_21224241.jpg

キャプテン(リーダー)が飲んでいるコレ・・・僕もひとくち飲んでみましたが・・・・・
                         (6月3日佐鳴湖国際駅伝大会後のBBQにて)
by gggggen3 | 2007-06-08 08:49 | 呑みネタ

手造りビール

さ~て、Gビール・ブリューアリーの始まりはじまり。

f0007802_0444821.jpg「手作りビール」と申しましても、麦芽やホップでモルトを作るってぇ肝心カナメのところはパス・・・既成のモルト(缶詰)を使用します。
僕(ら)がやるのは、醗酵のところだけ。
今日のプロセスは一次醗酵をさせるための仕込み・・・とってもカンタンです。
まずはモルトの缶をお燗して温め、4リットルのお湯を沸かします。

f0007802_0452190.jpgお湯でモルトを希釈して砂糖1キロをぶち込み、よ~く混ぜて砂糖を溶かします。
んんん、ビールに砂糖?
意外ですよね~。
でも、甘みをつけるってぇワケじゃぁないのです。
酵母がこの砂糖をアルコールと炭酸ガスに分解する・・・これが醗酵。
砂糖はアルコール分の素ってぇワケ。
それと泡の素でもあるのですが、今回は炭酸ガスを閉じ込めることはしないで逃がしてしまいます。

f0007802_0455563.jpg専用の醗酵容器に入れて水で希釈して合計23リットルとします。
容器は専用のものでなくとも構わないのですが、この容器はガス抜きのためのエアーロックつきの蓋があるのと、下のほうにコックがあって瓶詰めのときに楽チンです。
23リットルというと大瓶で35~6本になるはず。
モルトと酵母のセットは東急ハンズで¥2100円で購入、これで大瓶35本ってことは1本あたり60円。
これに砂糖が○○円で、二次醗酵のときの砂糖と瓶詰めした後の王冠の値段、瓶や容器を消毒するアルコールなんぞの諸経費を入れても1本当りの原価は100円にもなりません。
手作りビールは安いのです。

f0007802_0464918.jpgハイ、酵母を加えました。

f0007802_0472252.jpg蓋をしました。
こいつをトモさん部屋の押入れに収納してオシマイ。

f0007802_0482353.jpgここからは酵母が勝手に仕事をしてくれます。
僕らは酵母が1キロの砂糖を分解し終わった頃を狙って、「気の抜けた」というか「気がまだ入っていない」ビールを瓶に詰めます。
その瓶詰めの時に、もっかい3グラムの砂糖を加えてやります。
するってぇと酵母がまたまた仕事を再開して、この微量の砂糖をアルコールと炭酸ガスに分解するのですが、今度は容器が密閉されているために炭酸ガスは逃げ出せず、栓を開けたときに泡となるってぇ寸法。
瓶詰めは6月16日にやる予定です。


***
作業が終わったら昼メシ。

f0007802_0531729.jpg今日は「グリルこうみ」の焼きチーズカレーを食べました。
お皿ごとオーブンで焼くので、内っ側のお皿に触ると火傷します。
スプーンですくってハフハフしながら食べます。

そして、朝練で走ったので、もちろん温泉へ。
白馬には何カ所も日帰り入浴できるところがあります。
f0007802_0581026.jpg今日は白馬村公営の「みみずくの湯」をセレクト。
2年半前くらいに改装して露天風呂ができて、格段と快適になりました。


f0007802_0585730.jpg










美しい白馬連峰を眺めながらの露天風呂は最高。
まだ雪が残る山、今日は午後になって雲が出てきてこの写真ではよく見えません。

f0007802_14575.jpg
ズームでちょろっと寄って写すとこんな感じです。

f0007802_15128.jpgいやぁ、それにしても満足々々。

この後はバスに乗って新宿へ。
リュウくんから昨日集合がかかって、今夜は新宿で呑み会です。

「R-3を熱く語る会」と称するこの呑み会には、意外な参加者も・・・え、愛媛県からですかぁ。

f0007802_114515.jpg







このほか、言い出しっぺのリュウくんと賛同者のあずさん、水曜日がノー残業デーのクロちゃん、ワダさんと総勢6人。
スキーの話しで大いに盛り上がりました。

それにしても、なかなか盛り沢山な1日でした、感謝。
by gggggen3 | 2007-06-06 23:59 | 呑みネタ

ドリンク

スポーツドリンクもさることながら、市販の一般の飲み物もいろいろですね。
今日はクリスタルガイザーのスパークリングレモンってのがドラッグストアで88円だったので買ってみました。僕は炭酸入りミネラルウォーター(=コンガス)がもともと好きなんで、こいつも悪くないなって思いました。レモンフレーバーなんぞつけなけりゃもっといいのに。
クリスタルガイザーは他のミネラルウォーターより安いんで、よくお世話になってます。ペットボトルを捨てるときに、紙が糊付けされてて残ってしまうのが不満ですが、輸入モンはそうなんだよね~。
このほか、最近よく飲んでるのは伊右衛門の「濃いめ」、テレビで「苦いこいより甘~いこい」とか宣伝してるヤツ。これが家の近くのスーパーで今98円なんで、いつもお茶は伊藤園なんだけどサントリーに浮気したら、美味い。特にギンギンに冷やしておくとメチャ美味い。

スポーツドリンクの方は、その後「スーパーH2O」と「アミノサプリ」を飲んでみました。アミノサプリは甘みが強いので、ランニング中に飲むならやっぱ薄めないと、って感じ。H2Oのほうがサッパリしているんで、これは薄めなくともよさげ。

日本食研(愛媛県の会社ですなぁ)の「酸素プラス」がまた最近出ていますねぇ。5年ほど前にキャンペーンやってて、その後しばらくして姿を見なかったのですが、最近また酸素ブームがやってきたので再浮上してきました。
水に酸素を大量に溶かし込んで飲むとどれだけカラダによいのか、ってことは明らかになっていないようです。でも酸素プラスは美味しいのでよく飲んでいました。
で、久しぶりに飲んでみたら美味しさは思ったほどではありません、期待が強すぎたのかも知れません。
by gggggen3 | 2006-08-23 13:50 | 呑みネタ

自ビールの勧め

LT8周年記念イベントのBBQにみんなで呑んだGビール...今年は上出来でした。
今回は1次醗酵の仕込みを智春さんとマキちゃんにお願いして、瓶詰めをドージン、クロちゃん、オグがやりました。

この自作ビール、麦芽からモルトを作るという最も難しいところを英国とかニュージのメーカーがやっておいたものがカン詰めになって売っているで、そいつを利用。醗酵させるという最終段階だけを自分たちでやっております。
そこのところだけだと、慣れると簡単。
f0007802_1241652.jpg
今回使用したのはこのブラックロックのピルスナー。
こいつが1缶1800円くらいで、大瓶25~6本になるので1本当りのお値段は約70円...メチャメチャお得です。

節約家のカワノ家とか、ビール大量消費家の関口家などでは是非とも作るべきです。

僕は去年、玉田ヒデオ氏にとあることで大変お世話になったので、そのお礼として手造りビールキットを贈ることにしました。奴のことですから、キット役立ててくれるはずです、小林マサシとかも巻き込んで。

要は、この缶ヅメのモルトをお湯で溶かして(モルツによっては溶かした後にしばらく煮て)、砂糖数百グラムを加えたのちに水を入れた容器に移して合計15~18リットルにする。これに酵母を入れる。すると、酵母が砂糖を醗酵させてアルコールと炭酸ガスに分解する。
これが1次醗酵、ここでアルコールになるってことが主眼なんで、炭酸ガスは逃がしてしまいます。
で、2次醗酵は逆に炭酸ガスを発生させることに眼目がありまして、1次醗酵させた液をビンに詰め、3グラム(大瓶の場合)の砂糖を加えて栓をしてしまいます。
するってぇと、酵母がこの砂糖をまたアルコールと炭酸ガスに分解するわけですが、今度は密封されているんで炭酸ガスが溶け込んだままになるってワケ。
1次醗酵は約10日、2次醗酵は2週間と言われてます。

f0007802_13112878.jpg注意しなければならないのは、雑菌が入らないようにすること。1次醗酵のときは容器をアルコール消毒しておくこと。ビン詰めのときは、ビンをきれいに洗って(実はこれがいちばん大変な作業)アルコールを入れて消毒、王冠もアルコールに漬けておきます。容器からビンに液を移すチューブもアルコール消毒しておくのを忘れちゃいけません。この注意を怠らなければ、勝手においしいビールが出来てしまいます。

あ、それと醗酵に適した温度ってのがありまして、18-26℃だそうです。んなもんで、冬の寒い間とか夏の暑い日々はダメ。今からだったら、秋になってからがよいでしょう。
by gggggen3 | 2006-07-22 12:54 | 呑みネタ



GenGの行きあたりばったり日誌
by gggggen3
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
ランニング5/4
at 2019-05-04 13:19
ランニング4/29
at 2019-04-29 13:11
スキーシーズン’18-‘19
at 2019-01-19 11:16
2018 年に広がった僕の周..
at 2019-01-08 23:30
ランニング1/6
at 2019-01-08 23:19
ランニング12/25
at 2019-01-08 23:12
ランニング12/15
at 2018-12-24 23:28
ランニング12/9
at 2018-12-09 11:06
ランニング12/5
at 2018-12-05 23:48
ランニングにならかった12/2
at 2018-12-02 23:23
以前の記事
タグ
カテゴリ

GenGの走歴

●2001年4月
友人Mとフルマラソン挑戦を謀議
●2001年11月
つくばでフルマラソンデビュー
途中、脚の痙攣で歩く
●2002年11月
つくばマラソンに再挑戦
今度は最後まで走り切る
●2003年11月
またまたつくばマラソンに出場
中間点付近で下痢に見舞われる
●2006年11月
フル復活、つくばマラソンに出場
またしても下痢にやられる


お友達のサイト/ブログ
(りんく集)

岩渕隆二のブログ
下手な考え保美に似たり
(by yasumim)
続「あ」の道程
(by ak123)
たりない日々の足りない日記
(by リュウくん)
のうたりんな日々
(by shar)
豚t倶楽部
(from 宇和島)
MEGUMIN’S HP
(by めぐみん)
Non-Genre Music
(by みにゃねこさん)
こぶちんの徒然なる日々
(by こぶちん)
もーぐる&まうんてんず
(by もりもり)
ddb
(ゆ~じろ~のお店)
僕等が微笑う時
(by ほっくんパパ)
Taka with UG in the World!
(by takaさん)
深呼吸
(by こっぱちゃん)
開発援助って何ですか
(by purunくん)
マニラ・雑感
(by purunくん)
トトロんの の~~んびり日記
(by R菜さん)
のんびり気ままに
(by ぴえろさん)
るーほんすーびー
(by たくじろうさん)
なないろの風にふかれて
(by ひだまりさん)
こんなにも青い空の下で。
(by sometarin)
建築屋おやじのひとりごと
(by おやじ様)
<<こじかnote>>
(by こじかさん)
紫もよう...
(by るいこさん)
ヘソが見えるまで
(by 303)
父親の雑記帳
(by チャベスさん)
一歩ずつ、ちょっとずつ、前に進もう!(by かりかり)
徒然なるままに...なんてね。
(by dove-2さん)
QLDどっとこむ
(by 南半球のQLDさん)
きいちゃんのブログ
(by 闘う心鼓ファンきいちゃん)
ノンちゃんの日記



GenGが好きな
アーティストたち

Dang Thai Son
庄野真代
鈴木雄大
近藤和明
HAL zzhang
COCORO*CO
panda
澄淳子
村上聖
井上尚彦
橋本佳明
小二田茂幸

GenGが参加/支援する団体・プロジェクト
国境なき楽団
海を渡る風
September concert
ゴスペルこっころ
歌声楽団

Sinpyのお勧めバンド
Soil & "Pimp" Sessions


GenGがときどき行く
お店

ComCafe音倉
荻窪Rooster
呑者屋
御母家
Shinshu Dining 猿楽
麺蔵・兵右衛門
鐘楼
盛香園
あろいなたべた有楽町店
ティーヌン新橋店
ライステラス
寿司清
八十八楽(こめらく)
LITTLETRIBE



GenGの情報源
白馬・八方尾根オフィシャルサイト
八方尾根スキースクール'07
Hakuba 47
Net-Runtes大会ガイド
阪神タイガース公式サイト
八方尾根スキースクールstaff blog
robotスタッフブログ
銀色のシーズンofficial site
銀色のシーズンstaff blog


GenG推薦の便利サイト
GIFアニメ作成サイト
わんパグ




GenGの副業
源學舎
科学雑誌で知られるNewtonが開発したe-Learning教材の代理店です。よろしく~。


記事ランキング
その他のジャンル
ファン
ブログパーツ
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism